動画 鼠ヶ関漁協 初セリ

動画 いろいろ
01 /07 2020
DSC_0010_(1)_convert_20200106165111.jpg
6日(月)、山形県鶴岡市、鼠ヶ関漁協で令和2年度の初セリが行われました。

まず、セリの開始に先立って、今年一年の商売繁盛と豊漁を、そして、漁へ出航する漁船の無事を神棚に拝みます。


DSC_0016_(1)_convert_20200106165214.jpg
この日は沖が荒れ、思ったように漁ができず、出荷された魚は普段より少なかったのですが、初セリということで仲買人の皆さん、熱気のこもった目で品定めしていました。

正面を向いて私の写真にカメラ目線をしてくれているマスク姿のご婦人が、道の駅あつみのレストラン「早磯」の会長さんです。初セリでのお目当ては「鱈汁」で使う寒鱈だそうです。


DSC_0011_(1)_convert_20200106165146.jpg
いい鱈が入ってますよ。

会長さん、うまくセリ落とせたでしょうか。




ここ鼠ヶ関漁協のセリは、仲買人が仕入れたい品に対し、手に持った黒板に仕入れ値を書き込んでいき、一番の高値を付けた仲買人がセリ落とすやり方です。

私も詳細はよくわからず、アナウンスを聞いても誰がいくらで何を落としたのか、ぜんぜんわかりません。よくテレビで見るような迫力あるセリではありませんが、その土地ならではのやり方が全国各地にあるようです。


「山形県」という名前のイメージで、海の無い県と思われがちですが、令和2年もこの鼠ヶ関漁協を中心に地元のお魚情報をどんどん発信していきますので、道の駅あつみのお知らせブログを見てやってくださいね!

syarinnews

山形県の道の駅あつみ「しゃりん」のお知らせブログです。温海地域のこと、鶴岡市のこと、いろいろ発信していきます!たまに関係ないことも・・・