タイヤ交換はお済でしょうか?

お知らせ
11 /30 2019
img015_convert_20191126113708.jpg
雪国にお住まいの皆さん、タイヤ交換はお済でしょうか?

山形県の鶴岡市は豪雪地帯ではないのですが、スタッドレスタイヤはこれからの季節の必須のアイテムで、およそ半年近くは冬タイヤを装着することになります。


先日訪問した鹿児島県では、雪は降ることはあっても積もることがないので、スタッドレスタイヤに履き替えることはないそうです。なんとも羨ましい話です。


img016_convert_20191126113730.jpg
スタッドレスタイヤを装着したからといっても峠道を走行するのは不十分で、スリップによる立ち往生の原因は圧倒的にチェーン未装着の大型車両が関係しています。


山形県内にも立ち往生の危険がある箇所が複数あり、登坂不能になると大渋滞が発生し、広域迂回が必要となります。安全に走行すめために、早めにスタッドレスタイヤを装着し、万が一に備える準備をしてください。


山形の雪道を軽視してはいけません! 

消防訓練・AED操作訓練

しゃりん徒然日記
11 /28 2019

27日(水)は、定期休館日でした。

当店では年に2回、定期休館日に大掃除を行い、鶴岡消防署温海分署の指導のもと、消防訓練とAEDの操作訓練も合わせて行います。


002_convert_20191127143228.jpg
オープン以来約30年の間、幸いな事に消火器を使用する事態は一度もありませんでしたが、いざという時のために職員全員が消火器の使用方法を練習します。

ちなみに、実際の初期消火の際、消火器のレバーを握り、薬剤を噴出させてしまったら途中では止まりません。消火器の種類にもよりますが、薬剤の噴射時間は15秒から1分ほどです。なので、火元にたどり着く前に慌ててレバーを握ってしまったら、消火できなくなってしまいます。

007_convert_20191127143129.jpg
ここ数年、ほぼ1年に1度の割合で、実際にAEDを使う事態に直面しています。

私も、6月にここを訪れた際に急に意識を失い、心肺停止状態になったお客様にAEDを使用する事態がありました。この方は無事に意識がもどり、事なきを得ました。

また、8月には喉に異物を詰まらせた父に人工呼吸と心臓マッサージを行い、この時も父は無事に意識を取り戻しました。


012_convert_20191127143149.jpg
職員の中でも実際にAEDを使用するのは男性職員かもしれませんし、売店の担当や事務の担当ではAEDを使用する事は無いのかもしれませんが、基礎知識として全員が使用方法を学び、訓練します。


いざというとき・・・あなたの身近な方が意識を失い、心肺も停止状態になった時、どうしますか?

救急車が到着するまで、「あぁっ、大変だ! 早く救急車、来てくれないかしら・・・」と、指をくわえてオロオロと待ってますか?

それでは助かる命も助かりません。


救急車の要請後、消防隊員が到着するまで、心肺蘇生を行えば、助かる可能性がグンと上がります。

もし、心肺蘇生の講習会などがあった場合、話を聞くだけでもいいですから参加してみてください。

私はこれで父の命を救いました。

動画 桜島からフェリーに乗って

動画 いろいろ
11 /27 2019
昨日に引き続き、鹿児島県曽於市へ、二泊三日の日程で視察に行ってきたご報告です。



007_convert_20191125132605.jpg
鹿児島県の鹿児島湾に位置する桜島です。かつては島でしたが、1914年の噴火で陸続きとなりました。


008_convert_20191125132621.jpg
今年11月の時点で、年間約140回近く噴火し、3日に一度ぐらいの割合で噴煙を上げているそうです。

そしてこの噴煙、風向きによっては市街地へモロに降り注ぐそうで、ちようど私達が行った時は、街中が薄くモヤがかかったように灰が舞い、通行人は皆マスク姿で、停車している車が真っ黒になるほどでした。ここに住む人達の健康状態って、大丈夫なんでしょうか・・・


009_convert_20191125132638.jpg
さて、この桜島ですが、桜島港からフェリーが出てて、対岸の鹿児島港まで15分で運んでくれます。




鹿児島湾をぐるっと回るよりも、時間とガソリン代が節約になるそうで、観光フェリーというよりは市民の足のように使われていました。


011_convert_20191125132707.jpg
この景色! 東北人の私には「南国」の景色に見えます。あぁっ、こんな所に住んでみたい・・・。でも、あの火山灰はムリ!


015_convert_20191125132736.jpg
「薩摩切子」の製造工場も見学してきました。


016_convert_20191125132759.jpg
想像以上のお値段に驚きました。製造過程はとても繊細で、若い職人さんが多かったのにも驚きました。お土産に買って帰ろうと思ったのですが、しばらく悩んだ末にお金が足りないことに気づき、止めました・・・


017_convert_20191125132822.jpg
帰り、鹿児島空港の上空に雷雲が発生し、1時間近く出発が遅れたのですが、雨の中離陸した飛行機はむちゃくちゃ揺れ、エヤポケット現象も起き、機内では「キャーッ!」とか「オオッ!」と、どよめきが聞こえました(笑)。


あっという間の視察旅行でしたが、とても有意義な時間を過ごせました。


最後になりましたが、今回、西郷隆盛の曾孫にあたる「西郷隆夫」氏による講演会でお話しを聞いたのですが、上手な語り口にぐいぐい引き込まれ、あらためて「西郷隆盛」に興味がわきました。

NHK大河ドラマの「西郷どん」、じつは私、見てなかったのですが、このお話を聞いた後、ぜひ見たくなりました。

もう鹿児島へ行く機会が無いかもしれませんが、鶴岡市と友好姉妹を結ぶ土地の歴史、そして鶴岡市温海地域と係わることになる戊辰戦争をもっと深く理解したいと思いました。

二泊三日という短い時間でしたが、私の中で確実に何かが生まれ、記憶に強く深く刻まれる体験ができました。

この貴重な体験を実現していただいた「温海おおすみ会」の実行委員、事務局の皆さん、そして熱烈な歓迎をしていただいた鹿児島県曽於市大隅の皆さんに感謝いたします。

九州 鹿児島県へ行ってきました。

お知らせ
11 /26 2019

鹿児島県へ二泊三日の日程で視察に行ってきました。

平成11年に「温海町おおすみ会・大隅あつみ会」で締結された【近所盟約】20周年の記念式典に参加するためです。

「近所盟約」というのは、およそ150年前に先祖が敵同士で戦った戊辰戦争の縁をきっかけに、遠く離れてはいるが、ご近所のようにお付き合いし、交流していきましょうという意味で、もしかしたら「近所めいわく」かもしれないけれど「盟約(めいやく)」を結びましょうというものです。


山形県から鹿児島県へは、飛行機で移動し、山形県の庄内空港を出発してから羽田空港で乗り継ぎし、鹿児島空港へと到着します。恥ずかしながら、飛行機に乗るのはこれで三度目で、とても興奮しました(笑)。

また、鹿児島県は初めて訪れる地で、目にするもの全てが珍しく、東北では見られない景色にとても興奮しました(笑)。

020_convert_20191125105352.jpg
鹿児島県曽於市への表敬訪問では、職員の方々から熱烈な歓迎を受けました。

曽於市の公認キャラの「そお星人」もお出迎えしてくれました。この「そお星人」は曽於市の特産の「ソーセージ」をイメージしています。


002_convert_20191125105416.jpg
大隅町では「近所盟約20周年」と「岩川郷誕生150周年」の記念式典と合同慰霊祭が行われ、記念碑が設置されました。


001_convert_20191125105514.jpg
そしてこの記念碑のわきには、温海地域から運んできた石が置かれていました。


005_convert_20191125105532.jpg
曽於市は鹿児島県ではこのへんになります。桜島を見てきましたので、明日ご報告します。

鹿児島へ行ってきます

お知らせ
11 /22 2019
本日から二泊三日のスケジュールで、鹿児島県曽於市へ行ってきます。

約150年前におこった戊辰戦争。旧幕府側に付いた庄内藩と、薩摩藩らの新政府軍とで、ここ温海地域でも激しい戦いが繰り広げられました。その後、敵味方で戦った縁を共に友好を誓い合い、平成13年に大隅町と温海町とで友好町姉妹盟約を締結。民間交流が今でも続いています。


訪問先の曽於市では、記念式典や合同慰霊祭が予定され、私も初めて訪れる地での景観を楽しみにしています。


ブログの再開は鹿児島でのご報告を兼ね、26日(火)の朝を予定しています。忘れなかったらまた見てやってください。

動画 荒れる日本海

動画 いろいろ
11 /21 2019

冬型の気圧配置が強まり、北日本の上空に強い寒気が流れ込んだため、日本海も大荒れとなりました。

道の駅あつみの情報館の二階の展望室から外を眺めてみます。


004_convert_20191120110002.jpg
二階の展望室はこんな感じです。

ここで外の景色を写真に撮られる方が多いです。沈む夕陽もバッチリ見れます。



けっこう荒れてます。波の高さは5~6mぐらいでしょうか。

真冬になると、毎日、このような状態の波が続きます。

鉛色の空、グレーを基調とした景色が春まで続きます。いよいよ冬の到来ですが、寒暖の差が激しい日がこの先ありますので、体調管理には十分気をつけてください。と、言ってる私は久しぶりに風邪をこじらせました。

野良猫の太郎

温海
11 /19 2019

家の後ろでこの子を見た時、驚きました。

2年前に亡くなったウチのチビに激似!と、いっても真っ白な色だけですが・・・。

この近所で野良猫を見かけるのは非常に珍しいです。居る所には居るのでしょうが、この地域は野良猫が生き延びるには自然環境が厳しすぎます。

道の駅あつみにも何匹もの野良猫が餌を求めて通ってきましたが、2年以上生きた子はいません。人間の保護(餌やり)だけでは厳しい冬を越すのが難しいみたいです。


で、この子、たぶん近所の子供が餌を与えてしまったのでしょうか。いつも同じ場所に居て、誰かを待っています。私が近づくと「ニャ~ン、シャー!」って、甘えた声を出したあとに威嚇します。なんちゅうツンデレぢゃ。


004_convert_20191118075907.jpg
最悪、爪で引っかけられることを覚悟して手を延ばしたら、なんと触れました。


005_convert_20191118081451.jpg
う~ん、珍しい。まるっきりの野良とは思えません。


001_convert_20191118075944.jpg
以前の私だったら餌をやってたところですが、心を鬼にして見過ごしています。

野良猫に餌をやるってことは「面倒を見る」ということと同じだと思うからです。たぶんこの子もここで餌をもらい、その記憶があるからこそここに通い続けてる。

厳しい現実かもしれませんが、私には面倒を見る考えが今のところありません。

どうか、この子が少しでも長生きしてくれることを願うばかりです。


追伸、翌日、撫でてた手を口元にもっていったら、出血するほどがっちり噛まれました・・・

JRあつみ温泉駅

温海
11 /18 2019

今週も、あつみ温泉駅へ特別列車の「海里」のお出迎えに行ってきました。


004_convert_20191116172507.jpg
10月に始まったJR東日本の「新潟・庄内ディストネーションキャンペーン」に合わせて、新潟から酒田までの運行する特別列車の「海里」と同じ色合いに、駅構内にはいろいろなディスプレイが設置されていました。


005_convert_20191116172528.jpg
なかなか綺麗にお化粧直しされ、「おもてなし」の心を感じられます。


009_convert_20191116172552.jpg


010_convert_20191116172838.jpg
特別列車の「海里」があつみ温泉駅に停車するのは、わずか10分間だけですが、この日も沢山の方がホームに降り、臨時販売場で特産品の「あつみ赤かぶ漬け」を買ってくださったり、記念写真を撮ったりしてました。


011_convert_20191116172822.jpg
そしてこの日はなんと、在来線特急「いなほ」の瑠璃色バージョンとのツーショットでした。

う~ん、なかなかいいものを見せていただました。撮り鉄がワクワクする気持ち、少し理解できました。

動画 秋の大感謝祭 えび汁

動画 いろいろ
11 /17 2019

16日(土)、道の駅あつみにて、庄内地域の「道の駅」5駅合同企画の「秋の大感謝祭」として、200杯の限定で【えび汁】を100円で販売しました。


001_convert_20191116160547.jpg
通常、300円で提供している「えび汁」が、なんと100円です。

私、スリム体形でお腹は出てないのですが、この日ばかりは「太っ腹」です!



濃厚な出汁の出る「ガサエビ」と、身の柔らかい「紅エビ」が入っています。

これ、絶対美味いヤツやん!

寒い時期に食べる「えび汁」はサイコーです! 召し上がったお客様の顔はアツアツの「えび汁」と、美味しさから、顔がほんのりと赤くなりましたが、経費の事を考えてる私の顔は青くなりました・・・

動画 足湯

動画 いろいろ
11 /16 2019
010_(2)_convert_20191115164051.jpg
山形県鶴岡市の「あつみ温泉」には3箇所の足湯があります。


その中の一つ「あんべ湯」です。

なんとこの足湯、道路の真ん中にあります。そう、この通りの主役は車じゃなく「人」なんです。

「あんべ湯」の名前の由来は、通り・並木道を意味するアベニュー(Avenue)に、温海の訛りで塩梅(健康・調子)を意味する「あんべ」を掛けています。

足湯には「あつみ温泉」の豊富な源泉がかけ流しで供給されています。この足湯にゆっくりと浸かること30分。なんと、じんわりと額に汗かくほど身体がポカポカ温まります。全身浴よりも半身浴、足湯などのほうがリラックス効果が得られるとの検証があり、ぜひともお近くにお越しの際は「あつみ温泉の足湯」に入ってみてください。

とてもいいあんべだよ!

田舎に泊まってみよう!

山形
11 /15 2019

山形県で農家民宿を営むお宿が集まって「農家のお宿の会」を作りました。

今までは個別の活動だったので、ホームページもなく、情報の発信力も弱く、農家民宿のよさを伝えたくても出来ない状況でした。

今回、農家民宿のお宿をまとめたポータルサイトができた事で県内13軒の農家民宿を紹介でき、目的に合わせたお宿を選んでいただき、申し込みも簡単にでき、各お宿の情報をこまめに発信できるようになりました。


img014_convert_20191108170225.jpg
農家民宿はただ泊まるだけではありません。

農作業体験など普段できない田舎ならではのアクティビティがいっぱい!

料理だってその時の旬の物を使った郷土料理でおもてなし。


ビジネスホテルで味気ない旅行を重ねるより、農家民宿に一泊したほうが、より充実した旅行体験ができると思います。ぜひ一度「農家のお宿の会」と検索して、ご覧になってみてください。

動画 前線の雲

動画 いろいろ
11 /13 2019

都市部や平野部と違って、海上では面白い雲を見ることができます。

これは前線から延びる雲で、先端部の真下では雨がふっています。この動画を撮ってから30分後には急に空が暗くなり、風も強く吹き、大粒の雨が落ちてきました。

いよいよ寒気が列島の上部を包み込み、今度の週末は北海道や東北の北部で雪になりそうです。

駆け足で冬がやってきそうです。

動画 特別列車 海里 あつみ温泉駅へ

動画 いろいろ
11 /12 2019
001_convert_20191111132319.jpg
JRあつみ温泉駅へ、特別列車「海里」のお出迎えに行ってきました。


002_convert_20191111132340.jpg
特別列車の「海里」は新潟と酒田を結ぶ急行列車でプランによっては列車内で新潟を代表する豪華な日本料理が食べられたり、鶴岡駅で途中下車し、スイーツ付きのドリンクやお土産がもらえたりするコースもあります。そのコンセプトは「新潟の食」「庄内の食」と「日本海の景観」。「日本海ビューダイニング列車」と名付けられた特別列車なのです。


JR東日本公式HP海里



「海里」がホームへ入ってきました。

この「海里」のエクステリアデザインは「夕日」と「新雪」をイメージしたもので、夕日のサンセットオレンジから雪をイメージしたホワイトへグラデーションしていきます。美しいですねー。

あつみ温泉駅での上りの停車時間は10分間ほどですが、乗客の皆さんはホームへ降りて記念写真を撮っていました。その訳は・・・


004_convert_20191111132356.jpg
特別列車の「海里」と、在来線特急の「いなほ」とのツーショット写真が撮れるから。これには列車愛好家のみならず、私も興奮しましたよ(笑)。

あつみ温泉駅での10分間という短い停車時間をフルに満喫された乗客の皆さんへ、満面の笑みを浮かべて手を振って、お見送りしました。

年末までの毎週土曜日に、道の駅あつみから列車ホームで出張販売をいたしますので、「海里」に搭乗の皆さん、よろしくお願いします!

動画 夕陽

動画 いろいろ
11 /09 2019


皆さんもご一緒に日本海に沈む夕陽を共感してください。

今日からまた東京へ出張です。正直言って、大変です。3週続けて、江戸川区の西葛西で鶴岡の物産販売です。販売品の手配から梱包、発送、帰ってきてからの売上処理まで全て一人でやっています。

私の辞書には「支配人とは雑用係である」と載っています・・・


ブログの再開は12日(火)の朝を目標にしますが、忘れなかったらまた見てやってください。お願いします。

天井も見てほしい

しゃりん徒然日記
11 /08 2019
IMG_0243_convert_20191106161601.jpg
道の駅あつみの建物は、日本海へと漕ぎ出す2艘の船をモチーフにしています。


001_convert_20191107085020.jpg
屋根の形が特徴的で、県外から訪れたお客様からは「佐渡おけさの傘の形ですか?」と聞かれることもあります。いいえ、「佐渡おけさ」は新潟県で、ここは山形県なのですが・・・



道の駅あつみを訪れたら、ぜひ天井も見上げてください。

船の「竜骨」を模した天井になっています。なかなか気づいてくれないんですけどね・・・

動画 鼠ヶ関漁港

動画 いろいろ
11 /07 2019

鼠ヶ関漁港へセリが始まる前に見学に行ってきました。

セリの開始前に発動機船が続々と入港してきました。


004_convert_20191104170825.jpg
銀ピカのいい鮭が並んでいました。「鼻」が曲がっているのでオスのようです。


007_convert_20191104170924.jpg
このハッポー箱全てに鮭が入っています。これでも年々、不漁続きで、いずれは庶民には手の届かない存在になってしまうんじゃないでしょうか・・・


005_convert_20191104170847.jpg
鯛も鮭と同じように、鼻(顔)が丸いのと、とんがっているのとでオスメスの区別がつきますが、素人の私にはわかりません(笑)。画像、下の鯛はメスかな?


006_convert_20191104170906.jpg
船上で神経〆された鰆。頭部に入ったV字型の切れ込みが特徴です。


003_convert_20191104170802.jpg
私の大好きなカニ。残念ながら足の数が不揃いです。

今年、山形県では「庄内北前ガニ」のブランドを新設しました。とても厳しい基準を設け、ズワイガニを専門で獲る船でも数十箱の水揚げの中からわずかに1~2匹しか該当せず、1㎏あたりの小売り値は通常物の3倍近くになるといいます。私のコネクションをフル活用してもご相伴にあずかることはないと思います・・・


008_convert_20191104170942.jpg
これからは秋から冬にかけて旬を迎えるハタハタや、冬に旬を迎える鱈などが多く水揚げされてきます。

日本一海岸線の短い山形県から、旬の魚の情報を発信いたしますので、乞うご期待してください。





動画 サザエ焼き

動画 いろいろ
11 /06 2019

最近、寒くなってきましたね。

これを見て、温まってください。

道の駅あつみ、外パザールの「鼠ヶ関水産加工組合」で、1ヶ 300円で販売しております。

動画 あつみ赤かぶ漬け

動画 いろいろ
11 /05 2019
002_convert_20191101185127.jpg
温海地域でも最も古くからある「あつみ赤かぶ漬け」の加工場へお邪魔しました。



企業秘密はお母さんたちの「顔」とのことで、マスクで隠れているから撮影OKをいただきました。

ここ一霞温海かぶ生産組合は今が製造のピークで、冬本番の1月頃には工場を閉めます。

この、自然な真っ赤な色の「あつみ赤かぶ漬け」が買えるのは、道の駅あつみです。ヤマト運輸の代引きで全国に発送いたします。お電話 0235-44-3211まで

山形県庄内地域の「道の駅」5駅合同企画

イベント情報
11 /04 2019

山形県庄内地域の「道の駅」5駅合同企画「秋の大感謝祭」が、11月16日(土)、17日(日)に開催されます。

各道の駅の自慢の味を100円にて提供!

道の駅あつみでは16日(土)、午前10時より、日本海の幸「えび汁」を200杯限定で提供いたします。これ、通常価格は300円なんですよ!


img012_convert_20191101190509.jpg
あと、大雪で有名な国道112号線、通称「月山道路」でのタイヤチェーン規制についてのお知らせも一緒に。

勘違いされてる方も多いと思いますが、これは「冬期間、常時タイヤチェーンを装着しないと走れませんよ」という規制ではなく、従来であれば通行止めとなる状況において、タイヤチェーンを装着した車のみが通行可能ですという意味です。普段はスタッドレスタイヤで十分走行できますが、数十年に一度の大雪を想定しての規制ですのでお間違いのないように。

動画 道の駅あつみ 裏の海岸から

動画 いろいろ
11 /02 2019


某日本映画会社のオープニングのように見てやってください。

波打ち際のギリギリまで寄っています。このあと、波しぶきを少しかぶりました。なるほど、YouTuberは動画の再生回数を稼ぐため、こうやって危険な動画を撮ってるんだなと思いました。皆さんはけっしてマネしないようにしてください。


さて、今日からまた東京へ出張です。二週間連続です。いえ、来週もまた行くので三週間連続です。

三週連続で同じホテルに泊まり、三週連続で同じ店の夕食(ネギ味噌ラーメン)を食べる予定です。変化を嫌う血液A型人間の典型的な行動パターンです(笑)。


ブログの再開は4日(月)の朝を予定しています。忘れなかったら見てやってください。お願いします。

syarinnews

山形県の道の駅あつみ「しゃりん」のお知らせブログです。温海地域のこと、鶴岡市のこと、いろいろ発信していきます!たまに関係ないことも・・・