海岸で見つけたヘンな漂着物

しゃりん徒然日記
08 /30 2018

道の駅あつみ、南側の海岸には海流のせいか漂着物が多く寄ります。そのほとんどは流木なのですが、たまに「ん?なんじゃこりゃ?」という物があり、探してみるとけっこう面白いです。


001_convert_20180829103345.jpg
「Mr Muscles 威猛先生」
いかにも効きそうなトイレの除垢剤。 中国語はなんとなーく漢字の意味がわかるのでいいですね。ぜひ家のトイレ掃除で使ってみたい!なにしろ強力だから。



003_convert_20180829103423.jpg
「なぜか左足用だけのサンダル」


0001_(1)_convert_20180829114002.jpg


「お、お前か! お前のか!?」

※スタッフに書いてもらいました。 「こんなの何するんですか?」と、やや呆れ口調で言われました(笑)。

レストラン早磯  ちなみに・・・

早磯
08 /29 2018
009_convert_20180813145208.jpg
外バザールの浜焼き、レストラン早磯での「岩牡蠣」の提供は終了いたしました。

今年の「天然岩牡蠣」は形も大きく、中の身もプリップリでとてもよい出来でした。貝の形は大きくても、開けたら・・・あれ? っていうハズレがなく、ご注文してくださったお客さまもきっとご満足いただけたと思います。


002_convert_20180828092046.jpg
今、レストラン早磯で提供しているのが、こちら「イ貝」のお味噌汁です。(税込500円)

器からハミ出るほどに盛られた「イ貝」! 貝の身はもちろん食べられますが、特別美味しいとは感じられません(あくまでも個人の感想です)。ですが、この貝から出る「出汁」が最高なんです! 非常に美味です。

「イ貝」だけに「意外と美味い!」って、ベタすぎて使いたくなかったのですが・・・

ちなみに・・・貝の名前の由来は「異貝」からきています。アサリなどの二枚貝とは模様が違がっているという意味です。

ただ残念ながらこちら「イ貝の味噌汁」の提供もあと10日~2週間程度で終了となります。

ちなみに・・・「牡蠣」の名前の由来は掻き落として取るから「かき」とか、殻を欠き砕いて身を取るから「かき」とか、他には「か」は「貝」、「き」は「着」の意味だからという説があります。また、中国では牡蠣が全てオスだと考えられていたらしく「牡」の字が使われたのだといわれます。



001_convert_20180828092116.jpg
こちらは焼き魚定食に付けられる「アマダイ」です。こちらも美味しい魚で有名です。


003_convert_20180828092135.jpg
「鯛」は焼き魚用と刺身で使うそうです。

ちなみに・・・鯛のオスメスの見分けかた。頭の形がきれいなカーブを描いているのがメス。ツノっぽく出っ張りがあるのがオスといわれています。フムフム・・・こうして見比べてみると確かに違いますね。メスはなんて優しい顔つきなんでしょう♡


004_convert_20180828092151.jpg
30センチ近くはある「アジ」。こんなの防波堤から釣れたら竿を満月のように引き込まれ、「キリキリキリ」と糸鳴りするぐらいの手応えです。これは沖の定置網で獲れたと思います。

ちなみに・・・「アジ」は魚に参と書く字が当てられていますが、「おいしくて参ってしまう!」という意味であるという説があります。ホントかな?(笑)


ちなみに・・・レストラン早磯の店主は自らが鼠ヶ関漁協で開催される「セリ」に足を運び、鮮度の良い旬の魚介類を仕入れてきます。新鮮でおいしい日本海の幸を食べたくなったら、どうぞ道の駅あつみのレストラン「早磯」へ! お待ちいたしております。

雨の27周年記念行事

しゃりん徒然日記
08 /27 2018

26日(日)、道の駅あつみの27周年記念行事が開催されました。

数日前から天気予報とにらめっこし、なんとかいけそうだと思っていましたが、前日から雨となり、当日は朝から時折激しく雨が降る最悪の天気。


初代支配人は9年間の在任中に1度雨になり、前支配人は17年間という長い在任期間でも2度しか降られていません。

私は就任1年目でいきなりですよ! 今のところ「10割打者」です! ここ威張れるとこちゃいますやん・・・


002_convert_20180827062953.jpg
雨に濡れるとマズイ「温海中央高校 天魄太鼓」は中止となりました。すみません。10割バッターのせいです・・・

それでも、屋内で狭いながらも「シーズ・ザ・ディ」という地元グループの踊りや、


008_convert_20180827063008.jpg
前回のブログでご紹介した「深街エンジ」のミニコンサートなどが行われました。

「テーゲーズwith佐藤良子」の迫力あるステージは、ずっと動画の記録係をしていたので画像はありませんが、さすが「プロ」の方々の演奏と歌唱力で、鳥肌が立つぐらい素晴らしかったです。


006_convert_20180827063044.jpg
店内でもカラくじ無しの抽選会が大盛り上がりで、ご来店くださいましたお客さまには楽しんでいただけたと思います。



IMG_0682_convert_20180827070030.jpg
そして、この27周年記念行事の「とり」を飾る山形県指定無形民俗文化財の「山戸能」。

本来であれば、沈む夕日を背にして舞う「夕陽能」として神秘的で感動的な舞台なのですが・・・


013_convert_20180827063105.jpg
今回は雨の為、急きょレストランの中で行われました。


022_convert_20180827063128.jpg
観客は例年の半分ほどでしたが、ピーンと張りつめた空気の中、とても荘厳に舞が舞われました。約10年ぶりとなった屋内での「夕陽能」でしたが集中して見れ、能を堪能することができました。


今回、雨天となって残念でしたが「夕陽能」を舞っていただいた山戸能保存会の皆様、また、抽選の景品の提供に快くご協力いただいた納品各業者様、この記念行事を盛り上げてくださった各関係者の皆様、

そして、ご来店くださいましたお客様に心より感謝申し上げます。

来年こそ、晴天の下で、28周年記念行事をさらに成功させることをここにお約束します。打率も5割に落とさなきゃ・・・


庄内弁シンガー 深街エンジ 

お知らせ
08 /25 2018

「深街エンジ コンサート」

「深街エンジって誰?」
って、これをご覧のほぼ97%の方が思うハズです。地元の人なら知ってるよねー


深街エンジは鶴岡市温海地域出身のシンガーソングライターで、自身の歌の作詞、作曲はもちろん、今までま3冊の本と4枚のCD、そして1冊の絵本をリリース。また、配色豊かなイラストを描くマルチプレイヤーなのです。



深街エンジ 「もっけだの」

このミュージック・ビデオには鶴岡市、温海地域の素晴らしい風景と一緒に、深街エンジの独特の口調で庄内弁が唄われています。そして、これをご覧の100%の方には外国の言葉のように聞こえると思いますが、れっきとした「日本語」です。

※YouTubeのコメントに深街エンジ自らの翻訳歌詞が載っています。


そしてその歌詞の意味も、これをご覧の100%の方がワカラナイと思います。もっとも、同じ温海地域でも各集落ごとに独特な方言の言い回しがあり、海岸線に住む私は山間部に住む深街エンジの方言が翻訳不可能なところが少しあります。って、温海に住む人々はどんな部族なんぢゃ!
0001_(1)_convert_20180824101859.jpg
鶴岡市立あつみ小学校の校歌を制作し、メディアに取り上げられ反響を呼びました。


深街エンジ あつみ小学校校歌

深街エンジは26日(日)に開催される道の駅あつみの27周年記念行事でもステージがあります。

「深街エンジ」、この名前、皆さまの記憶のすみっこにでも覚えておいてください。

27周年 記念行事

イベント情報
08 /24 2018

8月26日(日)、道の駅あつみ「しゃりん」のオープン27周年、記念行事が開催されます。


IMG_0699_convert_20180822160635.jpg
山形県指定無形民俗文化財の「山戸能(やまとのう)」を夕陽が沈む時間に合わせて屋外で舞う「夕陽能」はオープン行事の際の目玉として続けてきました。

午後5時30分に開演し、夕陽が沈む頃は舞台をオレンジ色に染め、徐々に日が沈むに従い荘厳な雰囲気に包まれていく能は素晴らしいの一言に尽きます。


IMG_0653_convert_20180822160707.jpg
他にも鶴岡中央高校の「天魄(てんぱく)太鼓」など催し物が沢山。


IMG_0683_convert_20180822160738.jpg
台風の接近と、その後のお天気が非常に気になりますが、当日は素晴らしい夕陽が出てくれることを願っています。

夕陽能の鑑賞など全て無料ですので、多くのご来場を心からお待ちいたしております。

久しぶりの海岸 アレコレ

しゃりん徒然日記
08 /23 2018
001_convert_20180822084026.jpg
道の駅あつみの裏の海岸へ久しぶりに行ってきました。「久しぶり」と言っても事務所から20秒ほどの距離なのですが・・・

この前の大雨の時に川から流れてきたのでしょうか。「流木(りゅうぼく)」とは言えないような大木が海岸に漂着していました。このぐらい大きな物だと処理しきれないです。木の表皮に小石や砂が噛んでしまっているので、チェーンソーを使っての細断は誰もが拒否してしまいます。かといって、このまま放置するのも問題なので、とりあえず行政には報告しておきました。


002_convert_20180822084100.jpg
これから秋にかけて磯場では「タコ漁」が盛んになります。「タコカゴ」に魚とか貝を入れ沈めておけば画像のような浅場でもタコが入ります。

私も何度かやったことがあるのですが、素人の私がやってもかなりの確率でタコが入っていました。

003_convert_20180822084118.jpg
棒の先にカニをくくりつけ、海中の石の隙間などでカニをユラユラさせタコをおびき寄せ、タコが乗ってきたらカギ針の付いた別の棒でタコを釣り上げる「タコつっこし」と呼ばれる漁法もこれから磯のアチコチで見かけられます。

タコが居つく場所はだいたい同じなので、名人はその穴場を覚えておきます。今日一匹獲ったら、明日にはまた別のタコがその場所に居るそうです。また、タコをおびき寄せるカニは作り物でも良く、釣り道具屋さんで精巧なカニのイミテーションが販売されています。



005_convert_20180822084213.jpg
そういえばこの夏、庄内浜でサザエ、アワビを密漁した人が捕まったと新聞に掲載されました。漁師でも採取が禁止されている全長10センチ以下のアワビも獲っていたようで、悪質であると判断されました。密漁は罰金刑や懲役刑といった重い刑罰に問われる可能性もあるし、水産資源を守る為にも根絶しなければなりません。


今年は海水温が異常に高いのか、サザエ、アワビが沖の深場に行き、水揚げ高が少ないと聞きました。特にサザエは水温に敏感で、水槽で飼っていて水温がちょっとでも高くなるとすぐ死んでしまいます。


サザエ、アワビなど岩場にピッタリくっついて動かないイメージがありますが、一晩で3㎞も移動した報告があるので驚きです。


今回は海岸へ行って、思ったことをアレコレ記事にしてみました。最後まで読んでいただき感謝です。

美味しさ抜群!あつみ豚

お知らせ
08 /22 2018

温海地域の小名部(おなべ)地区で、養豚と農産物を生業としている「五十嵐ファーム」さんの「あつみ豚の加工品」のご紹介です。

矢沢永吉をリスペクトする社長。名前が「KAZUHARU」といいます。私と高校の同級生です(笑)。

自然豊かな温海地域の「あつみ豚」は「安心・安全・おいしい」を深く追及した飼育管理で育てた豚です。五十嵐ファームでは、自社栽培のアスパラガス、米などを自社肥料工場で配合させた餌を豚に与え、さらに美味しさを徹底的に追及しました。


008_convert_20180804130347.jpg
道の駅あつみでは「五十嵐ファーム」のコーナーを設置し、販売に力を入れています。

上に黄色で「※食品ですので、お手を触れないでください」ってあるでしょ?



006_convert_20180804130319.jpg
最初、チラッと横目で見た時「木工品」の展示物だと思いました(笑)。


007_convert_20180804130334.jpg
薄~く、切りながら生ハムとして食べるそうです。

社長の「KAZUHARU」は、地元では「元祖バーベキュー男」と呼ばれ、昔からイベントやバーベキューなどの時に、家の養豚小屋から持ち出した豚をまるごと一匹焼いて振る舞うという豪快、かつ楽しいヤツです。


そんな彼の農場が「農林水産大臣賞」を受賞したのだから驚きです。


010_convert_20180804130428.jpg
アイデアも面白く、加工品も多種あります。


009_convert_20180804130416.jpg
「五十嵐ファーム」で飼育されてる豚は、出荷されるまでに、一等米の「はえぬき」を一匹あたり110kgも食べるそうです。すごく、手間と愛情と経費が掛かってるそうです。

そんな「五十嵐ファーム」のあつみ豚の加工品は、ここ道の駅あつみでしか買えません。

道の駅あつみへお越しの際はお土産にぜひどうぞ!

土門拳記念館と酒田市美術館

山形
08 /19 2018

山形県酒田市にある「土門拳記念館」。写真が趣味の方なら一度は訪れてみたい場所なのではないでしょうか。日本初の写真美術館です。


とても時間がゆっくりと流れる場所です。あわただしく写真を見てまわるのではなく、土門拳がファインダーを通して何を伝えたかったのか、自問自答しながら納得いくまで作品と向き合い、鑑賞してください。




0001_(3)_convert_20180810172814.jpg
ブログをやってるのにこんなこと言っていいのか、正直、私は写真にはあまり興味がありません。


ただ、写真が趣味という方々のブログの写真を拝見して「おおっ!すごい!」と、何がすごいのか説明できませんが、とても感銘を受けます。技術的なテクニックはもちろんなのですが、その構図、それを被写体に選んだセンスなど、素晴らしい写真を拝見すると「写真は肉眼を越える」と本当に思います。


逆に、素晴らしい景色を目の前にして、それを見たまま、その感動までも一緒に映像に残す術(すべ)を知らず、はがゆい思いをすることもあります。そんな時、「写真が上手かったらなぁ・・・」とつくづく思います。


0001_(2)_convert_20180810172759.jpg
こちらは酒田市美術館で開催中の企画展示です。12名の写真家が捉えた世界遺産を紹介しています。

酒田市美術館


0001_(1)_convert_20180810172730.jpg
酒田市美術館は、土門拳記念館のあるエリアの一角に位置していますので、ぜひ両方見て廻って下さい。

このエリアは道の駅あつみから北へお車で約1時間の距離です。

大雨で大打撃

しゃりん徒然日記
08 /17 2018
001_convert_20180816123244.jpg
15日の夕方から降り始めた雨が夜半に激しさを増し、とんでもないことになりました。



002_convert_20180816123322.jpg
幹線道路、通行止め

河川が危険水位を超えたわけじゃないのですが、降り始めからの降水量が基準を越え、地盤の弱い箇所に影響が出るかもしれないとのことでの処置でした。

午前11時、ここ道の駅あつみの前で規制線が張られ、一般車は抜け道があるのですが、大型車はここから先は完全にストップとなりました。また、通る車の一台一台に状況の説明をしてるため大渋滞となり、車の流れは遅々として進まず、問い合わせの電話がひっきりなしに鳴り、その対応にも追われました。


0001_convert_20180816123428.jpg
見にくいのですが、海岸線に赤線引いてる場所が道の駅あつみの位置です。国道7号線と、それに平行して走る日本海東北自動車道のあつみ温泉IC~鶴岡西ICが通行止めです。

〇印の道路は通行できるのですが道幅が狭く、大型車は通れません。仮に大型車が先に進むとしたら、迂回するだけで4時間近くかかると思います。


お盆期間中の「かきいれどき」に大打撃です。


この通行規制は15時45分に解除となりましたが、この影響を受けた売上の落ち込みを取り返すには遅すぎました。

ロビンソン R44 レイブンⅡ

しゃりん徒然日記
08 /16 2018
001_convert_20180815144500.jpg
道の駅あつみで好評開催中のヘリコプターの遊覧飛行。このイベントで使用されている機体はアメリカ合衆国の「ロビンソン・ヘリコプター社」のロビンソンR44という小型のヘリコプターです。


002_convert_20180815144536.jpg
初期型にはアストロ(Astro)との愛称が付けられていましたが、2000年からは操縦装置に油圧補助が付いたレイブン(Raven)が開発され、2002年からはエンジンやローターが改良されたレイブンIIが愛称となっています。


003_convert_20180815144553.jpg
6気筒水平対向レシプロエンジンを搭載し、最大速度は時速240㎞。燃料消費は時間当たり57リッター程度で3時間の飛行が可能だそうです。


004_convert_20180815144612.jpg
気になるお値段は、ヘリコプターとしてはとてもリーズナブルで、標準タイプが4000万円。この真っ赤な機体はエアコン完備で約6000万円。世界的に超人気機種でオーダーしてから数ヶ月待ちという状態なので早めの注文が必要です。


支配人にもなったし、自分へのご褒美に、「買っちゃおっかな!」



007_convert_20180815144631.jpg
サマージャンボ宝くじの結果を見るまではそんなことを考えていましたが・・・次回に持ち越しです・・・。

とりあえずヘリコプターの模型でも買って、家で「ブルブルブルーン」て遊ぶか・・・
って、わしゃ子供か!


道の駅あつみ これが男のぉ浜焼きだぜぃ!

しゃりん徒然日記
08 /14 2018

今じゃ名物となった、道の駅あつみの浜焼きを紹介するぜ!


009_convert_20180813145208.jpg
やっぱり庄内浜のこの季節の名物といったら「岩ガキ」だぜ! どうだい!立派な牡蠣だろ!正真正銘、天然の岩牡蠣だぜ!


006_convert_20180813145116.jpg
ガスで焼くなんてとんでもねぇ! やっぱり炭火だぜ! 赤く燃える炎を見てるだけでワクワクするだろ!? それが男ってもんだぜ!

004_convert_20180813145026.jpg
「牡蠣剥きナイフ」はコツがいるぜ! 鼠ヶ関じぁ、これができて初めて一人前の男だぜ!


005_convert_20180813145102.jpg
このプリップリの身を見てくれ! こりゃ最高に旨そうだ! 仕事中じゃなかったら、こいつを肴にビールでキューッと・・・こりゃいけね!考えるだけでツバが出てきやがった(ガハハハ)


008_convert_20180813145149.jpg
ホタテ、サザエも最高に美味いぜ!


007_convert_20180813145134.jpg
なにしろ漁師の俺様が焼いてるんだから、まずいはずがねぇ!


002_convert_20180813144953.jpg
庄内浜の岩牡蠣のシーズンもあと少しで終わりだぜ! そうだな・・・いいところ、25日ごろまでだな!

まだ喰ってない! 喰いたりない! そんな人は道の駅あつみに来てくれ!

男の浜焼きで、待ってるぜ!

千客万来! 道の駅あつみ

しゃりん徒然日記
08 /13 2018

大変多くのお客様で賑わう「道の駅あつみ」。 お盆期間中、試飲、試食販売で出店するお店もあり、おおいに盛り上がりを見せています。


001_convert_20180812124523.jpg
ゼリー、ジャムで有名な「タカハタファーム」さんが出店。その場で食べられるシャーベットもあり大人気!


003_convert_20180812124602.jpg
鶴岡市の「滝川蒲鉾店」。揚げたてなのでアツアツで、どれも美味しそう!


002_convert_20180812124538.jpg
試飲だけでも大歓迎! フルーツワインで有名な「高畠ワイン」。特に女性の方が興味津々で試飲されていました。全種類、味見される方も多かったです(笑)。


009_convert_20180812124631.jpg
ヘリコプターの遊覧飛行は途切れることなく飛んでいました。駐車場も満車です。


010_convert_20180812124649_20180812125402f55.jpg
バイクで訪れる方も多く、常に30台近くが駐車場にあります。

見どころ満載、食事も満足、アクティビティーも楽しい、お土産も豊富、

道の駅あつみへ! どんどんいらしてくださーい!

ヘリコプター遊覧飛行開始!

しゃりん徒然日記
08 /12 2018

道の駅あつみ、ゴールデンウィークとお盆期間中の恒例となった、ヘリコプターの遊覧飛行が開始しました。茨城市のつくば空港から飛行時間が約1時間30分、途中、大きな雨雲を避けて迂回飛行したので、到着予定から10分ほど遅れましたが無事に到着しました。


002_convert_20180811132012.jpg
ヘリコプターの到着を大勢の方が見学しています。


006_convert_20180811132058.jpg
止まってるように見えますが、回転翼はすごい勢いで回っていますし、「バリバリバリ!」と、すごいエンジン音が聞こえます。


009_convert_20180811132121.jpg
着陸寸前はすごい風が巻き起こります。「帽子を飛ばされないように、お気を付けください!」とアナウンスが流れます。


019_convert_20180811133609.jpg
今回、茨城県からヘリコプターを操縦してきたのは、なんと20代の女性パイロット。 「えぇっーーっ!」


「えぇっーーっ!」って、何をびっくりしてるかというと、ヘリコプターの操縦資格って車の免許のように簡単に取得できるものじゃないんです。たしか資格の修得に掛かる費用は1300万円! さまざまな条件をクリアし、飛行訓練を積み重ね、通信もすべて英語で行われるため語学も堪能でなければなりません。

そのため、女性パイロットはとても珍しく、この方も将来を渇望されるエリート中のエリート(私の想像ですが・・・)なのです。


020_convert_20180811132227.jpg
と、いうような事をアナウンスで説明され、会場の皆さんから「拍手」を頂戴し、女の子から「お姉ちゃん、かっこいい!」と言われ、テレていました(笑)。

ただし、彼女はヘリコプターの操縦資格は保持していますが、遊覧飛行の許可が社内規定の飛行時間に達してしないため、実際に道の駅あつみでの遊覧飛行はベテランパイロットの方が行います。

キラキラ☆した目で女性パイロットを見つめていた女の子。これがきっかけで人生が変わるかもよ!
めざせ!パイロット!

昔はお宝だったのに・・・

しゃりん徒然日記
08 /10 2018

道の駅あつみで毎日回収されるゴミのおよそ8割は他所から持ち込まれたゴミですが、この段ボールは当社に納品される品物から発生する一週間分の資源ゴミです。

道の駅で販売されるほとんどの商品は例外なく段ボールに入れられて納品されるので、1週間でこれぐらいの量の段ボールがたまります。繁忙期になると1週間でプレハブ半分以上が段ボールの資源ゴミで埋め尽くされます。

20年以上前はこの量の3倍くらいあると500円程度で買い取ってくれた業者さんがいました。


008_convert_20180809120413.jpg
今は逆にけっこうな料金を払って回収に来てもらっています。

昔はお宝だったのにねぇ・・・


そういえば

「古新聞、古雑誌、トイレットペーパーと交換いたします」のチリ紙交換もめっきり見かけなくなりましたもんね。

ヘリコプター遊覧飛行のご案内

お知らせ
08 /09 2018

8月11日(土)~16日(木)までの6日間、道の駅あつみのイベントとして恒例となったヘリコプターの遊覧飛行が開催されます。

会場は、道の駅あつみ、施設裏の緑地広場。

時間は、9時~17時頃まで。

とくにチケットはありませんので、こちらにお越しにいただきましたら簡単な搭乗手続きの後、すぐヘリコプターに乗りこめます。料金は高度と飛行距離によって3コースあり、一番手ごろなAコースは高度400mまで上昇し、搭乗料金は大人4000円となっております。
※詳しくは道の駅あつみへお電話下さい。0235-44-3211

縺励c繧翫s蜊苓・ソ縺九i_convert_20180808102900
Cコースは高度1000mまで上昇しますが、北は「鳥海山」、南は村上市の風光明媚な海岸道路「笹川流れ」が眼下にハッキリと見えるそうです。



001_convert_20180808105744.jpg
ところで、今日はそのヘリコプターの離発着場所となる緑地広場の整備です。

館内の清掃をお願いしてるシルバー人材のじっちゃまに広場の草刈りを早朝に頼んだのですが、草を刈って、ある程度枯れ草を集めてキレイになったのですが、疲れて限界だから「あどは頼む!まがせだぞ」とのこと・・・


004_convert_20180808105800.jpg
この日は他に「男出」が居なかったので、私がやりました・・・


枯れ草を集め、汗だくになってると

「自分の仕事は何なのだろう・・・なんか、道の駅と呼ばれるところで支配人のような事をしてた記憶があるのだが、あれは前世の記憶だったのか? いや、この重労働が夢なのか・・・いや、ホントは農家か!?そうだ!牛のエサの干し草を集めてたんだ!」

頭がボーッとしてきたので休憩します・・・

005_convert_20180808105816.jpg
とりあえずきれいになり、準備完了です。これならヘリコプターどころか宇宙戦艦ヤマトも離発着できます!

昨年のお盆期間中は天候不良でヘリコプターの遊覧飛行は全休しました。「10日間天気予報」で確認すると、今年は期間を通して最高のお天気に恵まれそうです。なかなか乗る機会の無いヘリコプターを道の駅あつみで、ぜひどうぞ!

宇宙戦艦ヤマトには乗れません

さくらんぼベア

お知らせ
08 /08 2018
先日の大雨で、山形県内に人的被害が無く安堵いたしましたが、冠水し住宅に被害の出た地域もありました。これからお盆を迎える時期に大変な事態になり、被害にあわれた方に心よりお見舞い申しあげるとともに、一刻も早い日常を取り戻せるよう、お祈りいたします。



今回は、当店で販売している「全国ご当地ベア」山形バージョンを紹介します。

山形県といえば「さくらんぼ」ピンク色でカワイイです。このサイズ、けっこう大きく、また、お値段も高く、立ち寄った道の駅で衝動買いできるもんでもないので・・・


005_convert_20180807072739.jpg
小っちゃいのもあります。お値段 1814円(税込)です。


006_convert_20180807072754.jpg
さらに小さいサイズもあります。お値段 842円(税込)です。首元にはちゃんと「さくらんぼ」を付けているので、誰が見ても「山形のお土産」と認識してくれます。


004_convert_20180807072723.jpg
それでも何処で買ったかわからない人のために「足の裏」にはちょっとだけですが「YAMAGATA」と入ってますから大丈夫!

各地の道の駅でご当地バージョンを販売してると思いますので、集めてみるのも楽しいですよ。

一夜明けて

鶴岡
08 /06 2018

私の家の近所を流れる川。

前日まで渇水の影響で、水深40cm、川幅3mぐらいしかなかったのですが、すごく増水しています。


dosha_p6_convert_20180806064103.png
昨夜9時頃の危険度を示す表示より、エリアが南下しました。

昨夜は23時頃にエリアメールが頻発に出され、鶴岡中心部を流れる川が氾濫水域に近づいた為、避難勧告が発令されたようです。今も継続して勧告されています。対象人数は数十名なのですが、皆さん大変不安な一夜を過ごされたと思います。

温海地域は鶴岡市南部に位置し、逼迫した状態ではなかったのですが、私はいつもより早めに出社し、施設の内外をチェックし、何事もなかった事を確認しました。


これから情報が入ってくると思いますが、この大雨による災害が無いことを祈るばかりです。

※6時45分の時点で、最上川下流が氾濫危険度レベル4に達し、氾濫のおそれがあることからエリアメールが発令され、避難を指示しています。


5日(日)夜、鶴岡市に土砂災害警戒情報が発表

鶴岡
08 /05 2018

5日(日)、夕方から激しい雨が断続的に降り続け、夜9時の時点でYahoo!のトップページにも表示されましたが、鶴岡市に土砂災害警戒情報が発表されました。


降り続く大雨の為、土砂災害の危険度が非常に高まっています。


発表されたのは「鶴岡市北部、庄内町」で、継続として「酒田市、遊佐町、新庄市、他」などです。

dosha_p6_convert_20180805211347.png
山形県の北部、秋田県南部、宮城県も危険度が高くなっています。


該当地区にお住まいの方は、市町村から発表される避難勧告などの情報に注意し、少しでも安全な場所への早めの避難を心がけて下さい。


002_convert_20180805210055.jpg
私の家の付近では、閃光に似た光と、爆発音のような「雷」が激しく鳴っています。


今後の気象情報に注意したいです。


この夏、赤川の花火をあなたも体験セヨ!

鶴岡
08 /04 2018
赤川花火大会のお知らせです

8月18日(土)、鶴岡の夏を代表するイベント「赤川花火大会」が開催されます。

山形県内では「山形大花火大会」(山形市)に次いで打ち上げ数が多く、約33万人の見物客が訪れる規模の大きい花火大会です。


0001_(2)_convert_20180803140527.jpg
午後7時15分に打ち上げ開始。約1万2千発の花火が夜空を賑やかに染め上げます。また、「全国デザイン花火競技会」も兼ねていて、全国各地、22の煙火店が自慢の花火を打ち上げ、腕を競い合います。

エンディングは20時45分頃、花火と音楽が融合する奇跡の瞬間。鶴岡の「赤川」でしか感じられない感動を、ぜひ、あなたも体験してください。


0001_(1)_convert_20180803140327.jpg
赤川花火大会は、今回初の全国生中継!こころゆさぶる感動を、BS朝日から日本中へお届けします。

8月18日(土)よる7時~生中継

道の駅あつみも「赤川花火大会」に協賛しています!

これも降雨不足の影響?

しゃりん徒然日記
08 /03 2018

いつものように道の駅あつみの裏の海岸へ、ブログのネタを探しに散歩に行ったのですが驚きの光景を目にしました。なんだか海岸の岩が白くなっています。


005_convert_20180801133753.jpg
潮が乾燥して「塩」の結晶が岩に付いたのかと思い、ちょっと舐めてみましたが、違うような・・・(危ない物質かもしれないので良い子のみんなはマネしないよーに)。


007_convert_20180801133816.jpg
部分的にハッキリと分かれて白くなっているように見えます。結局、原因はわからないのですが、これも雨不足、猛暑日が続いていることに何か原因があるのでしょうか? 初めての事なので気になります。

海水の出入りが無い潮だまりは、水質が悪くなり、濁った色になっていました。これじゃタイドプールの中の生き物は全滅しちゃうなー・・・と感じました。


一方、海水が流れ込む潮だまりは、晴天続きの日光の恩恵を受け、「海藻」がグングン生育!


001_convert_20180801133831.jpg
海藻らしくない、こんなカワイイのがアチコチに見られました。



003_convert_20180801133852.jpg
貝殻にも海藻が生えちゃって、迷惑じゃないのかな?(笑)


この雨不足で夏野菜などの生育も心配です。一雨、欲しいです。

syarinnews

山形県の道の駅あつみ「しゃりん」のお知らせブログです。温海地域のこと、鶴岡市のこと、いろいろ発信していきます!たまに関係ないことも・・・