山形県の道の駅ランキング

お知らせ
05 /28 2018
【山形県の人気道の駅ランキングTOP10】という記事を見つけました。


山形県 道の駅ランキング
「car-moby」という車関係のサイトなのですが、道の駅の記事を特集していました。


現在、山形県には21箇所の道の駅があります。この記事は昨年の3月の更新なので、最近できたばかりの「道の駅米沢」はこちらのランキングには反映されていないようです。

山形県の道の駅は、他の都道府県に比べて個性的な道の駅が多いそうです。


で、第10位から順番に見ていきました。

「う~ん、人気の道の駅はやっぱりいろいろと工夫してるねー」と、関心しながら見てまして・・・ランキングが上位に進むにつれ、「【道の駅あつみ】はランキング圏外でしょ・・・」となかば諦めの気持ちで見てましたら



なんと第2位にランキング!


縺励c繧翫s蜈ィ譎ッ_convert_20180527083230
ありがとうございます!  予想外でした。

これかもますます皆様に愛され、沢山ご利用してもらえる道の駅を目指してゆきます!


山形県の道の駅クチコミ人気ランキングTOP20
こちらのサイトの記事では第4位でした。

道の駅あつみの近況報告

しゃりん徒然日記
05 /26 2018
記事を更新していないにもかかわらず訪問してくださってありがとうございます。



道の駅あつみの近況ですが、あまり変わっていません。そりゃそーですよね(笑)


005_convert_20180525151216.jpg
ただ、先週に日本海側に降った大雨の影響で、海岸に大量の流木が流れつきました。鼠ヶ関港の湾内も状況は同じで、その処理に大変な時間と労力がかかりそうです。


002_convert_20180525151130.jpg
施設の裏の緑地広場に植えてある「マルバシャリンバイ」が咲きはじめました。道の駅あつみの施設の愛称「しゃりん」の名前の由来となった植物で、ここ温海地区が自生の北限といわれています。山形県では1956年に県指定文化財天然記念物に指定されました。


003_convert_20180525151144.jpg
この花の後にブルーベリーに似た小さい実をつけますが堅くて食用には適しません。検索すると、この実を食べてみた方の記事がいくつか出てきます。種が大きくて可食の部分が少ないのですが、噛むとほのかな甘みがあるそうです。

奄美大島の大島紬では、幹や根の煎汁を絹の染料に用い、黒褐色に染めるそうです。


支配人に就任して、ブログの更新もままならぬほど忙しくなると思いましたが、ホントにまだ何をしたらいいのかわからない状態です。経営管理の事務的な仕事や、道の駅の駅長会議など、これからいろいろと予定は入っていますが、時間の余裕があったら不定期にブログを更新していきますので、見てやって下さい。

イカ釣り船

温海
05 /22 2018

支配人になって数日、まだ何をしていいのかわからず、ちょっと時間を持て余しています。それで、ブログを更新いたします(笑)

21日(月)、関係各所に就任のご挨拶まわりをしてきましたが、鼠ヶ関港で見慣れない船を見つけました。「イカ釣り船」です。


002_convert_20180522072109.jpg
巨大な電球が並んでいます。今は平行に並んでいますが、操業する時は左右に開いて海面までイカを誘い、疑似餌で釣り上げます。


003_convert_20180522072123.jpg
以前、こんな話を耳にしました。

人工衛星の静止軌道上から地球を眺めて、夜に一番眩しく光輝く場所はどこだと思いますか?

眠らぬ街、不夜城の東京?

ネオン輝くラスベガス?

超高層ビル群がある近代都市ドバイ?

正解は、イカ釣り船が集魚灯を点けて操業する日本海だそうです。


004_convert_20180522072137.jpg
この船は青森県津軽にある「下前港」からこの近海に操業に来ているようです。


航海の安全と、大漁をお祈りいたします。

ユネスコ食文化創造都市 鶴岡 2

鶴岡
05 /20 2018
0001_(3)_convert_20180518170158.jpg
前回に引き続き、鶴岡市が作成した観光パンフレットを紹介します。


鶴岡市は城下町です。酒井家が庄内藩として統治して以来、今もご当主が当地に住み続けています。現在は酒井家19代の酒井忠順致(ただより)さんが、鶴岡市の致道博物館副館長としてご在宅しています。


0001_(2)_convert_20180518170148.jpg
鶴岡市を代表する4温泉の一つが開湯1000年を誇る「あつみ温泉」です。


0001_(1)_convert_20180518151128.jpg
地域と季節に密着したさまざまな祭りやイベント。


0001_convert_20180518151139.jpg


☆お知らせ

私、この度、道の駅あつみの駅長と、当社の支配人、施設の責任者に任命されました。

この道の駅あつみのお知らせブログ、なるべく毎日の更新を心がけてはきましたが、これからは不定期更新となります。


ブログの後任を他の職員にお願いするには皆さん忙しすぎて、代わりの者を指名するには心が痛く、一番ヒマだった私も、これからは支配人の責務を全うする為に、ブログに向かう時間が作れなくなると思います。

このブログの更新頻度が週一になるか、月一になるか、本当にただのお知らせだけになるかはわかりませんが、これからも常連さんのブログには訪問し、時間の許す限り拝見させてもらうつもりです。

道の駅あつみのお知らせブログ、始めてから1年ちょっとですが、当初の目標であった「道の駅あつみで検索すると一番最初にホームページが出る」を達成し、それなりに認知度を広めたつもりです。



これで全て終わりにするつもりはありませんので、思い出した時にまた見てやって下さい。ブログに広告が出ない程度に更新しますので(笑)。


株式会社クアポリス温海
道の駅あつみ
夕陽のあつみふる里物産館しゃりん

支配人 矢口 泉

ユネスコ食文化創造都市 鶴岡 1

鶴岡
05 /19 2018

鶴岡市で作成した観光パンフレットを紹介します。


0001_convert_20180517101022_201805171709231f3.jpg
鶴岡市には50種類以上の在来作物が存在し、日本海に面した地域では豊富な海の幸の恩恵を授かり、精神文化と密接に結びついた独特の「食文化」が根付き、地域、家庭に密接した郷土料理が継承されています。


0001_(3)_convert_20180517170850.jpg
月山・羽黒山・湯殿山を有する鶴岡は、古くから修験の地として信仰を集めています。


0001_(2)_convert_20180517170900.jpg
クラゲの展示種類数は世界一! クラゲ専用の水槽として世界最大の大水槽が癒しの空間へと誘います。


明日に続きます。


☆近々、ブログの重大発表アリ

団体様のご予約も承ります

早磯
05 /18 2018

道の駅あつみのレストラン早磯。付近の国道7号線沿線にお食事処が少ないため、旅行、観光で訪れた方はもちろん、地元の方からのご利用も多くあります。


045_convert_20180517110215.jpg
すぐ近くに、山形県内でも有数の水揚げ高を誇る鼠ヶ関港があり、旬で鮮度が良い魚介類を店主自らがセリに参加し、仕入れてきます。


メニューも魚介類が主役です。


043_convert_20180517110308.jpg
地元の魚の旬や、その時の漁に合わせた「限定メニュー」が多いのも特徴で、いつ利用しても「今日はどんな限定メニューがあるんだろう?」といった期待感がもてます。


041_convert_20180517110333.jpg
前もってご連絡をいただければ席を確保し「ご予約席」として準備いたします(少人数で混まない日であれば)。


お近くにお越しの際は、ぜひ道の駅あつみのレストラン「早磯」へ!お待ちいたしております!


道の駅あつみのレストラン「早磯」 0235-44-2086




☆近々、ブログの重大発表アリ

道の駅のスペシャリストを目指せ!

お知らせ
05 /17 2018

毎年2県づつ「東北道の駅 検定」が実施されます。今年は山形県と福島県。6県全てに合格すると東北道の駅スペシャリストに認定されるそうです。

いわゆる、道の駅のマニア度の検定です。過去の問題を参考までに調べると

「県内の道の駅の数」 「人気のあるお土産品を3品あげよ」 「レストランで人気のメニューは?」 「築年数は?」など、道の駅の職員でさえも正確に答えられないマニアックな問題が出題されています。


0001_convert_20180427111911.jpg
道の駅のスタンプラリーや記念キップなど、本当に熱心なファンが大勢いらっしゃり、そんなマニアの心をくすぐるのでしょう。この検定は毎年大人気で、出題は50問。合格ラインは正解率8割程度といわれていますので、参考書(?)となるスタンプブック2018を隅々まで暗記すれば合格間違いなし!です。


ぜひ、あなたも「東北道の駅スペシャリスト」を目指しましょう! ちなみに例年150人以上の人がお受験するそうです。東北以外でも実施してるようですよ。

人面魚の逆襲

鶴岡
05 /16 2018

昨年の6月、鶴岡市大山地区の「貝喰の池」で、滞在時間わずか10分で人面魚を探し出した私。

人面魚を探せ 2

今回は、「貝喰の池」の「龍王殿」で販売している「鯉のえさ 100円」のアイテムのチカラを借りて、ここに棲む幻の人面魚をカメラに収めたいと思います。


022_convert_20180514225050.jpg
えさを撒く → 鯉、大興奮!

その光景は、まるでアマゾン川にはまり込んでしまった「ヌー」に襲いかかる「ピラニア」の群れと同じ! 今、間違って池に落ちたら、鯉に骨になるまで喰われそう!

024_convert_20180514225112.jpg
この中から人面魚を見つけられるのか!?

こりゃムリだ!

と、思ったその時!

032_convert_20180514225227.jpg
いた! 去年見たのと同じヤツ!


034_convert_20180514225253.jpg
なんか、微妙なカメラ写り・・・

031_convert_20180514225203.jpg
人の顔に見え・・・なくもない。 ずいぶんホリの深いお顔をしてらっしゃいます。


025_convert_20180514225344.jpg
なんと、もう一匹いた!

026_convert_20180514225404.jpg
人面魚っていうより、猫顔魚?

いや、あなたの大いなる想像力を持ってして見れば、ちゃんと人間の顔に見えるハズです!
見えた!といってくれー!


今回は100数十匹の鯉の中に少なくとも2匹の人面魚が居ることが確認できました。鯉の寿命は約50年といわれているので、この先もまだ「貝喰の池の人面魚」の話題が続くことと思います。

036_convert_20180514225433.jpg
「龍王殿」のわきには「奥の院」がありました。


038_convert_20180514225452.jpg


039_convert_20180514225508.jpg
こんな所にも鯉が。


平日の午前中に訪れた「貝喰の池」でしたが、他にも4~5人の方が人面魚を探しに、また、「龍王殿」に参拝に来られていました。「貝喰の池」のある善宝寺も見ごたえのあるオススメの場所なので、鶴岡にお越しの際はぜひどうぞ。

鶴岡市大山地区の善宝寺は、道の駅あつみから、お車で約30分の距離です。

善宝寺

その後の人面魚

鶴岡
05 /15 2018

道の駅あつみのお知らせブログの中で、自分なりに一番の内容だったと思っているのが、鶴岡市大山地区にある「貝喰(かいばみ)の池」へ人面魚を探しにいったときの記事です。

人面魚を探せ! 1

この時は下準備もせず出かけ、車を停めた駐車場から20分も山道を歩き、ようやく人面魚の棲む「貝喰池」にたどり着いたら、すぐ近くに別の駐車場を見つけ、あまりのショックに脱力したもんですが、今回はちゃんと学習し、徒歩でたった2分で着く駐車場をゲットしました。

007_convert_20180514200311.jpg
「貝喰池」へ向かう途中、急な石段がありましたが、足が不自由な方でも車椅子で行けるスロープが付いてるし、なんと「杖」の貸し出しもありました。


008_convert_20180514200336.jpg
ここが幻の人面魚がいる「貝喰の池」です。伝説では「龍王」「龍女」の棲みかといわれ、池のほとりに足を踏み入れた瞬間、神秘的なオーラを感じるほど荘厳な雰囲気を醸し出していました。


009_convert_20180514200353.jpg
このへんで人面魚見かけませんでした?

「しらね」

・・・・・・

「貝喰の池」で今日初めて見かけた鯉からは有力な情報は聞き出せませんでした・・・


035_convert_20180514200439.jpg
池の奥には「龍王殿」がありました。とても神聖な雰囲気で、ピーンと張り詰めた空気が流れているように感じました。

ここから池を眺めると・・・


014_convert_20180514200541.jpg
げげっ! 鯉、多っ!

しかも何? コイツら、すっごく人懐っこい! 私の移動する方向へとついてきます。


015_convert_20180514200514.jpg
こっ、コレが目当てかっ!


はたして、今回も人面魚を探すことが出来るのか!?


明日に続きます。

孟宗まつり

しゃりん徒然日記
05 /14 2018

13日(日)は、道の駅あつみで「孟宗まつり」が開催されました。

ここ早田(わさだ)地区の「孟宗(もうそう)竹」は良質の土壌と生産者の品質管理によって、エグ味が無く、採れた当日であればアク抜きをせずに調理でき、歯ざわりも柔らかく、温海の自慢の一品です。


004_convert_20180513110508.jpg
採れたての孟宗を味噌と酒粕のシンプルな味付けで味噌汁にし、具は孟宗竹とシイタケと油揚げを入れ、一杯 300で販売しました。


鶴岡地区の家庭ではこの時期ならではの旬の食べ物で、私が小さい頃は10日も連続して毎日孟宗汁を食べさせられたものです。そんな時はさすがに厭きますが、やはりこの時期になると食べずにはいられない鶴岡のソウルフードです。


006_convert_20180513110518.jpg
朝掘りの孟宗の直売には開始前から多くのお客様が列を作り、遠く内陸の米沢市から毎年のように予約して買い求めにいらっしゃるお客様もいますし、首都圏への発送も何件かありました。


007_convert_20180513111005.jpg
「孟宗竹」を買い選ぶ時のコツは、切り口がまん丸◯のモノじゃなく、少し「だ円」になってるほうが柔らかくて美味しいです。この「だ円」になってる物は地元では「ひらもうそう」とよび、最高に美味しいといわれています。また、ねもとのイボイボが少ないモノを選ぶといいです。


孟宗竹は1年ごとに「裏年(うらどし)【収穫量が少ない不良の年】」と「表年(おもてどし)【豊作で質のよい年】」が訪れ、今年は「表年」にあたります。あと1週間ほどで孟宗の旬も終わりを告げますので、まだ食べてない方、食べ足りない方は、道の駅あつみで、お早目にお買い求め下さい!

アク抜きしないで食べられる美味しい「早田孟宗」。まぢがいなぐうめ!

漂着物コレクション

しゃりん徒然日記
05 /13 2018

道の駅あつみ、南側の海岸は、海流や地形の関係で漂着物が寄りやすい場所となっています。どんな物が流れ着いてるか、ちょっと探してきました。


005_convert_20180511150345.jpg
最初に見つけた物が散弾銃の薬きょうです。上のベコベコしている部分が散弾が飛び出した時に開いた痕です。わりとメジャーに落ちています。使用後の薬きょうは持ち帰るのがマナーなのですが、稀に川に流されたりした物が海岸に漂着するみたいです。


011_convert_20180511150442.jpg
なんだろなー?と、よく見たら、ナイフの鞘でした。「BEIJING」 北京(ペキン)と書いてあります。


010_convert_20180511150430.jpg
おっ! こりゃなんだか便利なグッズを発見! ホースを繋ぐと枝分かれして水が出る! もしくはエアーかな? でも何に使う?


007_convert_20180511150356.jpg
即席の食べ物らしい缶詰。(口へんに合うで『はは』と笑い声を意味するみたいです)

蓋がしっかりしてあります。振ると中身が入ってるような音がします。

開けてみるか?

ヤメとけって!


008_convert_20180511150407.jpg
「なんじゃこりぁー!!」


009_convert_20180511150418.jpg
植物の種らしいモノが入っていました。

まっ、まさか・・・これが即席の食べ物か!?  こっ、これを食べろと?

おそるべし! 中国!


んな訳ないですよね。食べた後の缶に何かの種を保存しておいたのだと思われます。もっとヤバイ中身を想像していたので助かりました(笑)


おしまい。

シャリンバイの花

しゃりん徒然日記
05 /12 2018

道の駅あつみ、裏の芝生広場にモッコリとあるのは、ここの施設の愛称【しゃりん】の名前の由来となった「マルバシャリンバイ」です。


この施設が出来てから今年で27年目となりますが、オープン当初からここに植えられていたような気がします。成長が遅いのでしょうか? 大きく、高くなったような変化が全然ありません。 そんなに大きく変化しないところから、家の垣根にも利用されています。実際、我が家にも、隣りの家にもあります。


縺励c繧翫s繝槭・繧ッ_convert_20170305090523


施設のロゴマークにも「マルバシャリンバイ」が使われています。


002_convert_20180511120324.jpg
漢字だと「丸葉車輪梅」。車輪を連想させるように丸く葉が付くのが特徴で「梅」の字が使われていますがバラ科の植物です。ここ温海地区が自生の北限といわれ、旧温海町の町の花に指定されていました。


003_convert_20180511120332.jpg
昨年の開花は5月20日頃でした。今年は寒いので、少し遅れそうです。


話は変わりますが、おとといはこの地区でクマの食害が庄内地域としては今年初めて確認されました。

道の駅あつみが建つ「早田地区」で、民家の物置小屋に保管していた20㎏の糠袋が100m離れた場所でボロボロの状態で見つかり、付近からクマの足跡らしいモノが発見されました。地元猟友会が探索したところ、成長したクマの足跡と断定したそうです。

現場の付近には民家が点在し、ここ道の駅あつみからも近い為、住民ともども警戒しています。

藤沢周平記念館

お知らせ
05 /11 2018

鶴岡市役所の筋向い、かつて鶴ヶ岡城があった鶴岡公園の中に「鶴岡市立藤沢周平記念館」があります。


005_convert_20180510121916.jpg
鶴岡市立 藤沢周平記念館


006_convert_20180510121906.jpg
藤沢周平は昭和2年12月26日に山形県東田川郡黄金村大字高坂(現鶴岡市高坂)に生まれた昭和を代表する文豪です。

その作品は幕末の弱小地方藩を舞台とする時代劇として映画化され、「たそがれ清兵衛」 「隠し剣 鬼の爪」など荘内藩を連想させる時代背景で、架空の「海坂藩」を舞台とした作品群が有名です。


007_convert_20180510121847.jpg
記念館の内部は撮影禁止で外観しか撮ってきませんでしたが、この記念館では資料の収集や保存、藤沢周平の作品世界と生涯を紹介し、「藤沢文学」に親しむための講演会や朗読会などのイベントを実施しています。

藤沢周平のファンはもちろん、庄内の豊かな自然と歴史ある文化に触れながらくつろぐ場所として、お近くにお越しの際はぜひどうど。

藤沢周平記念館のある鶴岡公園一帯は緑が多く、市民の憩いの場としても人気ですので、おすすめのスポットです。

久しぶりに海岸へ

潮だまりの中
05 /10 2018

久しぶりに海岸へ行ってきました。 と、いっても、施設の真後ろが海岸なのですが・・・


002_convert_20180509111815.jpg
小雨がふっていましたが、釣りをしていらっしゃる方がいました。狙っている魚は黒鯛だと思います。黒鯛釣りのシーズンに入り、磯場には連日のように釣り人が見かけられます。


001_convert_20180509111840.jpg
潮だまりを覗いて、磯カニ発見! と、思ったら、ぜんぜん動く様子が無いので、どうやら死骸のようです。


003_convert_20180509111829.jpg
こちらは元気いっぱいに動きまわって、一生懸命に餌のカイメンを食むウミウシ。大きさは体長5㎝ぐらいです。「アメフラシ」が正式名称ですが、名前の由来は海水中で紫色の液を出すと、それが雨雲がたちこめたように広がるからと言われています。英名は「Sea hare」で、「海のうさぎ」という意味だそうです。


005_convert_20180509111850.jpg
縞模様の巻貝。その半分近くはヤドカリが入っています。ヤドカリが入っていると動きが早いし、人の気配を察知するとポロポロと岩から落ち、逃げようとするのでわかります。


道の駅での休憩や買い物、お食事も楽しいのですが、ここ道の駅あつみへ来たら、海岸まで足を運び、磯遊びもぜひ体験してもらいたいです。海岸は遊歩道が整備されていますので、施設裏の磯場をぐるっと一周出来ます。


お土産や食事はどこでも出来ますが、道の駅あつみでの磯遊びは、いつまでも記憶に残ることと思います。ぜひ、道の駅あつみへ。お待ちいたしております!

風流(人目を驚かすための華美な趣向)

温海
05 /09 2018

温海地区の山間部を車で走っている時、「白い花をつけた木」 「赤(ピンク)の花をつけた木」が並んで立ってるのを見つけて、立ち止まって写真に撮りました。何の木なんでしょう? 桜じゃないのは間違いないです。 でも、おめでたいですナー。いいモノを見ました。

ちなみに、後ろに白く写ってるのは残雪です。


と、思ったら、他にもまだ


004_convert_20180508170434.jpg
ん?

なんか、1本の木に紅白の花が付いてるように見えるんですけど・・・


002_convert_20180508170406.jpg
ありゃま! めずらしい!

※よく撮れていないのは、小雨が降ってて、急いで撮ったせいです。もっと丁寧に写せばよかった・・・


003_convert_20180508170419.jpg
接ぎ木でもしたのでしょうか? でも、同じ枝から色違いが出てるのもありました。 

きれいに整地した田んぼの際に植わってるから、人の手がかかってると思いますが、なかなか風流(人目を驚かすための華美な趣向)な事を考える人も居るもんですねー。

結局、何の木の花かはわかりません。

日本酒チャリティー試飲会

鶴岡
05 /08 2018

5月19日(土)、鶴岡会場を「マリカ広場およびFOODEVER」で「日本酒チャリティー試飲会」が開催されます。

チケット代は前売り券2,000円(税込)、当日券2,500円(税込)で、チケットの売り上げの一部は東日本大震災の復興支援等に寄付されます。


試飲の内容はIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)の「SAKE部門」に出品される山形県産の地酒を5杯、味わうことができます。この機会にぜひ、美味しいお酒をご堪能ください。


お問合せは、IWC2018 「SAKE部門」やまがた開催支援委員会事務局
TEL 023-630-2542まで

ゴールデンウィーク 最終日

しゃりん徒然日記
05 /06 2018

ゴールデンウィークの最終日となった6日(日)はお天気に恵まれ、ここ道の駅あつみでも沢山のお客様で大賑わいとなりました。

施設の店頭ではさまざまな催し物が開催され、大盛況でした。こちらは地元生産者団体の「あんこ餅と雑煮餅」です。


010_convert_20180506132755.jpg
「アルコール絶ち」をしてから3年目となる私は甘い物が大好物になり、丼ぶり1杯のあんこでは足りません! 鍋ごとくれぃ!


013_convert_20180506132808.jpg
今回初めて出店する「朝顔の苗屋さん」も好評でした。


012_convert_20180506132820.jpg
店頭で行っていた「山菜まつり」も多くのお客様がお買い上げ下さいました。


019_convert_20180506132906.jpg
そのテントの中で「山菜の天ぷら」を揚げていた私・・・。エプロンが天ぷら粉だらけです。

このゴールデンウィーク中、道の駅あつみのHPからこのブログで見て「山菜の天ぷら」を食べに来てくださったお客様がいました。うれしいですねー。来年から「ブログ見たよ!」と声をかけてくださったお客様には

特盛りでサービスします!

山菜の天ぷら 再開!

しゃりん徒然日記
05 /06 2018

3日(木)、4日(金)と、お天気が良くなく、道の駅あつみの店頭で行っていた「山菜まつり」を取り止めしていましたが、5日(土)は晴れ間も出て「山菜の天ぷら」を再開しました。

ちなみに、天ぷらの揚げ係は私です。料理なんか一切やったこと無いのに、イベントでこんな事をやらされています。お客様から揚げてるとこ見られて「上手ですねー、コツはなんですかー?」って、よく聞かれますが、答えようがありません。しいて言えば、業務用の天ぷら粉がいいから、カラッと揚がってるんじゃないですか?わかりません(笑)。


画像はコシアプラです。


002_convert_20180505125330.jpg
揚げる


003_convert_20180505125341.jpg
イタドリの芽。少しねっとりとした食感です。


004_convert_20180505125351.jpg
揚げる!


005_convert_20180505125403.jpg
タラの芽


006_convert_20180505125414.jpg
揚げる!!


007_convert_20180505125425.jpg
ウルイ


008_convert_20180505125435.jpg
青こごみ


揚げて、揚げて、揚げて、揚げて揚げて揚げて


009_convert_20180505125446.jpg
はい、200円です! 安いでしょ?


はっ!? 数日前もこんな記事を書いたような気がする・・・

これがデジャブか・・・ 



違うっちゅーねん!

レストラン早磯は朝から大忙し!

早磯
05 /05 2018

道の駅あつみのレストラン早磯(はやいそ)は朝から仕込みの準備で大忙しです。

このゴールデンウィーク中は、朝7時半には開店し、この時間すでに多くのお客様が食事を取っていました。お昼どきともなれば席が空かず、待ち時間が長くかかることがあります。


001_convert_20180504095915.jpg
板さんは、刺身定食の「お刺身」のセットに大忙しです。朝は比較的余裕があり、厨房の中も撮影できますが、時間がお昼に近づくと戦場となり、よけいな声もかけられません。


002_convert_20180504095924.jpg
美味しそうなお刺身!


003_convert_20180504095934.jpg
焼き魚定食に付ける「アマダイ」です。すごい贅沢! 一度でいいから私も食べてみたいです!


道の駅あつみのレストラン早磯では、店主自らが鼠ヶ関漁協のセリに参加し、その時々の旬で鮮度の良い魚介類を仕入れてきます。味はもちろん、新鮮で地元の自慢のお魚を使った料理には自信がありますので、お食事はぜひ道の駅あつみのレストラン早磯で!  お待ちいたしております!

GW後半は雨天スタート

しゃりん徒然日記
05 /04 2018

ゴールデンウィークも後半となりましたが、3日(木)は残念なことに雨天でした。道の駅あつみでも予定していた「ヘリコプター遊覧」と「山菜まつり」が中止となりました。

遊覧飛行の会場となる建物裏の芝生広場では、風で飛ばされた紐(?)が散乱してるし、芝生にも水たまりが出来て、足場が悪くなっています。

天気予報を見ると、北陸から北の日本海側の広い範囲で雨のようで、各地で予定されていたであろういろいろなイベントの事を考えると、なんとも残念です。


002_convert_20180503143511.jpg
道の駅あつみで行われている「ヘリコプター遊覧」は、待機中や、その日の運行が終了すると、コックピットにはカバーをかけ、風でローターが勝手に回らないようにロープで固定し、夜間は警備の方が一晩中見張っています。


この先の予報では徐々にお天気も回復し、好天に期待できそうなので、一番人出が期待できる5日、6日には道の駅あつみのGWのイベントの目玉としてヘリコプターに活躍してもらいたいです。

ヘリコプター共々お待ちしていますので、ぜひ道の駅あつみへ来て下さい! 待ってっさげの!

syarinnews

山形県の道の駅あつみ「しゃりん」のお知らせブログです。温海地域のこと、鶴岡市のこと、いろいろ発信していきます!たまに関係ないことも・・・