道の駅あつみ 名物 浜焼き開始!

お知らせ
04 /30 2018

道の駅あつみの外バザール、鼠ヶ関水産加工の店では、名物となった「浜焼き」が始まりました。


002_convert_20180429122908.jpg
岩牡蠣はまだシーズンじゃないので、このゴールデンウィーク中は「サザエ」と市場から仕入れてきた「ホタテ」を炭火で焼いて提供いたします。


003_convert_20180429122927.jpg
「ホタテ焼き」は1個 500円。炭火で焼いて、海を見ながら食べて、自宅で食べるより2.8倍美味しいそうです(鼠ヶ関の三和丸の船長の談)。

昨日も書きましたが、ゴールデンウィークの後半はお天気が崩れ、道の駅あつみでも予定していた催し物が中止するかもしれません。お天気の良い今がチャンスです。

道の駅あつみでお待ちしています!

ゴールデンウィーク  ヘリコプター遊覧飛行 開始!

お知らせ
04 /29 2018

4月28日(土)~5月6日(日)までの9日間、道の駅あつみの裏の広場で、恒例となったヘリコプターの遊覧飛行が開催されます。


006_convert_20180428125559.jpg
今回も茨城県から、真っ赤で可愛らしいヘリコプターがやってきました。


007_convert_20180428125612.jpg
搭乗の料金は、飛ぶコースによって変わります。

お試しコースは高度400mまで上昇し、大人4000円・こども3100円です。

お薦めコースは高度1000メートルに達し、遠くの鳥海山が見えるそうです。大人9300円・こども7200円。


010_convert_20180428144252.jpg
5月4日あたりからお天気が崩れ強風となる予報ですので、お天気のよい今が遊覧飛行のチャンスです。

ぜひ、道の駅あつみへ、お越し下さい。お待ちいたしております!

お気に入りの場所を歩いてみた

温海
04 /28 2018

鼠ヶ関港の手前の防波堤が、私のお気に入りの場所です。ここで、海に向かって「ばかやろーっ!」と、叫んだりするとかしないとか・・・


003_convert_20180427103809.jpg
防波堤の先まで歩いてみました。じつは先まで行くのは初めてです。

前を歩く人は釣竿を手にしています。


006_convert_20180427103918.jpg
もしもの時の浮輪。

知り合いの子供は置き竿に魚がかかり、竿ごと海に引っ張られて、竿を取るためにとっさに防波堤から海へダイブした大馬鹿もんです。ここでもそんな人がいるかもしれません・・・。いや、たぶんいたな・・・。

防波堤はけっこう高く、落ちたら最後、自力では絶対に登って来れません。


004_convert_20180427103855.jpg
防波堤の先端には数人の釣り人がいました。一人は撒き餌をして足元を狙い、もう一人は投げ竿でルアー釣りしていました。イマイチ何を狙っているのか、かわらなかったし、しばらく見ていましたが釣れる様子もありませんでした。でも灯台が間近にあって、すごくいい場所です。


005_convert_20180427103906.jpg
この方はスズキ狙い。夕陽に向かって竿を出して・・・あぁ、贅沢な釣りだ。まるで釣り番組のシーンのようです。調べたら、5月から黒鯛、アジ、海タナゴなどが釣りの対象魚としてシーズンインするみたいです。


鼠ヶ関港の湾内では家族連れでの釣りもお手軽にできますから、ゴールデンウィークにはぜひどうぞ! お帰りの際は道の駅あつみでお土産を! お待ちいたしております!

ゴールデンウィークのイベント情報!

イベント情報
04 /27 2018
0001_convert_20180424145652.jpg
ゴールデンウィーク中の道の駅あつみのイベントをお知らせします。
※JEPG変換で文字位置がズレました。


IMG_1245_convert_20170505101255.jpg
「山菜まつり」が4月28日(土)~30日(月)、5月3日(木)~6日(日)の午前10時より開催します。恒例の「山菜の天ぷら盛り合わせ(200円)」もやります!



IMG_1207_convert_20170430094830.jpg
4月28日(土)~5月6日(日)の9日間連続で、「ヘリコプターの遊覧飛行」を開催!


IMG_1212_convert_20170501082100.jpg
なかなか乗る機会の無いヘリコプターに乗れるチャンスです。飛行中は足元に広がる日本海の大パノラマを楽しめます。


詳細は、道の駅あつみ 0235-44-3211まで。

ゴールデンウィークはぜひ、道の駅あつみへ。お待ちいたしております!

永遠に鳴り響く、慶玉の鐘

温海
04 /26 2018

道の駅あつみが位置する場所は「早田(わさだ)」という地区なのですが、これはここ早田の集落に実在した「慶玉」さんの物語です。


0001_(4)_convert_20180419091701.jpg
慶玉は正徳2年(1712年)に早田集落に生まれました。

18才の時、眼病をわずらい、親は治療に心を尽くしましたが貧しさのために失明してしまいました。

年老いた父母は病気がちでますます貧乏になりましたが、慶玉は夜も働き生計を助け、両親を介抱しました。


0001_(3)_convert_20180419091651.jpg
ある冬の日、病床の父から小鯛を食べたいと言われ、杖をたよりに遠く越後の村に行き、やっとの思いで小鯛を買い求めました。家に帰り包みをとくと入れたはずの小鯛が無く、悲しくて声をあげて泣きました。疲れた足で吹雪の夕闇に出かけ、手探りしながら探し続け、一里(4km)ほど離れた場所でようやく見つけ、うれし涙を流し神に感謝しました。


またある年の11月、病気がちの母に精の付くアワビを食べさせたいと氷のような冷たい海に飛び込んだ慶玉。めくら滅法探し、ようやくアワビを採り岩場に戻ったところ大ダコにからまれ、海中に引きずり込まれそうになった時、通りかかった漁師に助けられ一命を取り留めました。


29才の時、庄内藩主がその孝行ぶりを聞きつけ、ほうびを与え善行を褒めました。慶玉は感謝し、近くの寺に梵鐘と田10アールを納めました。


亡き親の冥福と、全盲の身を養ってくれた世間への恩にむくいるため、清水が湧き出る場所に「ひしゃく」100本を納め、10数本の柿の木を早田地内に植えて歩いたそうです。


以前、大変お世話になった人が暮らしに困っている話を聞き、庄内藩主から頂戴した小判30枚を差し出しました。その小判は長い年月肌身離さず、一枚も使わずに大切にとっておいたので錆びてはいましたが、慶玉が年来苦労して得た結晶でした。


苦悩の人生を歩んだ慶玉は74才で安らかにこの世を去りましたが、今でもここ早田地区では慶玉の孝徳を称え、朝夕に梵鐘の音が鳴り響いています。

色が変わった!

早磯
04 /25 2018

道の駅あつみのレストラン早磯(はやいそ)で、「春ワカメ」を仕入れてきました。このワカメは天然物で、ちょうど温海地区の各集落の春の祭典に合わせるように採れ、お祭りのごちそうとして食卓にのぼることから「祭りワカメ」とも言われています。


007_convert_20180424114209.jpg
採れたては茶色いワカメですが、沸騰したお湯にくぐらせると・・・


008_convert_20180424114221.jpg
一瞬であざやかな緑色に! 美味しそうです!


003_convert_20180424114232.jpg
小ぶりのタコも沢山仕入れてきました。レストラン早磯の会長さんに、このタコの名前を聞いたところ「沖ダコ」と言っていました。たぶん、もっとちゃんとした名前があるのだろうけど、それで通用するらしいです・・・

塩もみした「沖ダコ」を湯にかけると・・・


006_convert_20180424114245.jpg
美味しく茹で上がりました。こちらは「タコ飯」にして提供するそうです。柔らかくて美味しそう!


004_convert_20180424114254.jpg
こちらはオマケの画像のハタハタ。少し季節外れですが網に多くかかったそうです。


道の駅あつみのレストラン早磯では、鼠ヶ関港で水揚げされた新鮮な魚介類を店主自らセリに参加して仕入れてきます。鮮度、味には自信がありますので、ぜひ道の駅あつみでお食事を。お待ちいたしております!

「食の都 庄内」サポーター募集

鶴岡
04 /24 2018

「食の都 庄内」のサポーターを募集しています!

山形県庄内地域「食の都 庄内」を、クチコミ・SNSなどいろんな場面で広げて応援してください!登録は無料です。


0001_convert_20180418155504.jpg

登録すると、定期的に庄内の「食」の今をつめこんだ情報をお届けします。

楽しく美味しいイベントへのお誘いも! みなさんのご参加、お待ちしています! 詳しくは「食の都 庄内」のホームページをご覧ください。

道の駅あつみの事も一緒に広めて下さい!(願)

東北 道の駅 スタンプラリー 開催中!

お知らせ
04 /23 2018

「東北 道の駅 スタンプラリー 2018」が4月14日(土)から来年の1月15日(火)までの期間で開催中です。


005_convert_20180419093011.jpg
一冊 300円のスタンプ帳には協賛の道の駅で使える8,700円相当の割引クーポン付! しかも集めたスタンプの数に応じて賞品が当たって、ダブルでお得!


・ヲ02_001_convert_20180419092836
東北の道の駅、全160駅を完全制覇するコースは無期限なので、ご自分の都合に合わせてのんびりとチャレンジできます。158駅以上のスタンプを集めると「完走証明書」がもらえます。

「スタンプラリーなんて時間とお金の余裕がないよ!」というアナタ。やってみたらハマルこと間違いナシ! ぜひ今年はチャレンジしてみてください!

咲きほこる花は散るからこそに美しい

温海
04 /22 2018

満開から約一週間であつみ温泉の桜並木も葉桜になりました。


009_convert_20180421145109.jpg
時折、強い風が吹くと、ハラハラと桜の花びらが舞い、「桜吹雪」が綺麗です。


010_convert_20180421145038.jpg
日本独自の「わび・さび」という美的観念。

「わび」は侘しさ。「さび」は寂しさに由来する言葉です。
また、「わび」は『気落ちする、悲嘆』など内面的なことを示し、一方の「さび」は『古びる、色あせる、枯れる』など表面的な事を意味します。

また、「さび」は簡素や粗末になったもの。「わび」はさびの美しさを見出す心。両者がとけあって、はじめて「わび・さび」となるそうです。

005_convert_20180421145055.jpg
さて、今日、22日(日)に開催される第33回温海さくらマラソン大会は、散った桜の花びらが舞うピンク色のコースが会場となります。

お天気も良く、絶好のマラソン日和です。選手の皆さん、頑張ってください!

もやもやな日

しゃりん徒然日記
04 /21 2018

晴れた日のお昼頃、急にあたり一面に「もや」がかかってきました。


013_convert_20180419104113.jpg
向こうの景色が見えません。 それまで暖かかったのですが、もやがたちこめるとヒンヤリとした外気を感じました。


011_convert_20180419104148.jpg
「wikipedia」によると、海霧(うみぎり、かいむ)は、暖かく湿った空気が、冷たい海面に接することで生じる霧で、特に移流霧として陸上に達する濃霧。だそうです。


012_convert_20180419104137.jpg
道の駅の施設の周りを囲むような「もや」。こんなにすごい「海霧」は初めてです。職員も何人か外に出て眺めていました。

煙のようですが正体は小さな水の粒。都会だとこれに排気ガスなどの煙が混ざって黒っぽい「スモッグ」になります。

気象観測では1000メートル先が見えなくなったときから霧がかかったということになっていますので、この日の状態は

「もやもやな日」でいいんじゃなかろか?

海岸の岩の窪み

しゃりん徒然日記
04 /20 2018

道の駅あつみの裏側の海岸で、岩に開いた窪みを見つけました。


013_convert_20180418132853.jpg
窪みの中に水が溜まっていますが、この窪み、どうやってできたと思いますか?

これは専門用語で「甌穴(おうけつ)」と呼ばれるものです。

表面が硬い岩の場合、表面に割れ目などの弱い部分があるとそこが水流による侵食のために窪みとなります。そしてこの窪みの中に小石が入ると渦流によってその小石が回転し、丸みを帯びた円形の穴に拡大してゆきます。


014_convert_20180418132905.jpg
波で運ばれた小石が長い年月をかけて、押し寄せる波、引き波の力でクルクル回り、このように窪みを作っていったのです。その時々で波の強弱が違ったのできれいな円型とならず、いびつな形になったと推測されます。

015_convert_20180418132915.jpg
縦穴じゃなく、垂直の岸壁に開いた横の穴もありました。まったく不思議です。


016_convert_20180418132926.jpg
貫通して向こうとつながった穴もありました。悠久の時を重ねて形成された不思議な地形です。


もしかして勘違いしてらっしゃる方がいるかもしれませんが、このブログは「道の駅あつみ しゃりん」のお知らせブログで

「地質学研究とは関係ありません!」
※誰も勘違いしないっちゅーねん! 

イソギンチャクにイタズラしてみた

潮だまりの中
04 /19 2018

道の駅あつみ、裏の海岸の潮だまりに、大きく触手を広げたイソギンチャクを見つけて、ふとイタズラ心がひらめいた。

「イソギンチャクの中に小石を入れたらどーなるか?」


009_convert_20180418112352.jpg
やってみました。イソギンチャクさん、ゴメンなさい!

小石が当たった部分の触手はピクッと動きましたが、イソギンチャク全体が捕食行動で獲物を捕らえるように丸くなることはありませんでした。

小石を生き物として認識していない可能性もありますが、このイソギンチャクの種類は小魚などを捕食するタイプではなく、プランクトンを食べてると推測します。

でも、巣を張る蜘蛛も、巣に伝わる振動で生き物とゴミを区別しているので、もしかしたら生きた小魚だと捕食の為に丸くなるのかもしれません。


007_convert_20180418114928.jpg
イトマキヒトデも見つけました。この辺の海岸ではごく普通に見られる種類です。投げ釣りをしてそのまま竿を長時間放置していると、釣り針にかかったりします(笑)


010_convert_20180418112402.jpg
潮が引いた所には5㎝ほどの「ムラサキイガイ」を多く見つけることができました。「ムール貝」と呼んだほうが知名度はありますが、この辺では誰も採って食べません。大きくなる種類の「イガイ」はお味噌汁で食べます。以前は自分で素潜りして獲ったり、もらい物で食べる事が多かったのですが、密猟の規制が厳しくなり、今は食べる機会がほとんど無くなりました。(笑)。


もしかして勘違いしてらっしゃる方がいるかもしれませんが、このブログは「道の駅あつみ しゃりん」のお知らせブログで

「水族館とは関係ありません!」
※誰も勘違いしないっちゅーねん!

ソフトクリームは5月が一番!

お知らせ
04 /18 2018

道の駅あつみの外バザール。長屋形式でお店が並んでいます。


005_convert_20180414155652.jpg
中でも大人気なのがアイスクリーム屋さん。

002_convert_20180414155704.jpg
アイスは6種類。ソフトクリームは7種類あります。それぞれ種類に合わせてコーンを替えているのもこだわりの一つです。


004_convert_20180414155715.jpg
中でも人気なのは道の駅あつみオリジナルの「あつみ牛乳ソフト」と「紅えびソフト」。どちらも330円。

「あつみ牛乳ソフト」は原料の50%が「あつみ牛乳」で出来ている贅沢さで、濃厚なミルクの味なのに口の中に後味が残らずスッキリ!。全国を旅してソフトクリームを食べているブロガーさんから、まちがいなく今まで食べたソフトの中でも3本指に入る美味しさ!と評価をいただいたことも。

一方の「紅えびソフト」は鼠ヶ関で水揚げされた「紅えび」を粉末にし、企業秘密の行程でソフトクリームに混ぜ合わせた品。食べた人の感想は「うわっ! えびだぁー!」(そりゃそうだ。笑)。気になった方はぜひ実際に食べてみて下さい!



じつはソフトクリームが一番売れる時期は5月なんです(道の駅あつみ独自調査)。5月はソフトクリームを食べるのに一番いい気候で、これ以上暑くなる夏ではかき氷や飲料系が人気になります。手にしたソフトクリームも気温ですぐ融けちゃいますしね。

ぜひ5月のゴールデンウィークは、道の駅あつみでソフトクリームを! お待ちいたしております!

イギリスのからくりおもちゃ展

鶴岡
04 /17 2018

鶴岡の「アートフォーラム」で4月21日から6月10日までの期間、特別展覧会として「イギリスからくりおもちゃ展」が開催されます。


鶴岡アートフォーラム こちら


観覧料は一般500円、高大生300円、中学生以下は無料となっています。


右上の、動物のガイコツに乗り、黒い翼を持ち、赤い顔に角を生やした男の作品名は「未来からきたライダー」です。とても日本人では考えつかないイギリスならでは(?)のデザインです。


0001_convert_20180408140423.jpg
「かわいくてアイロニックな『からくりおもちゃ』が大集合」

「アイロニック」とは、「皮肉な」という意味で、作品もどことなく風刺的なものがみられます。

作品の多くは実際に動かしてみることができるそうで、ひとつの歯車をまわすことでさまざまな動きを生み出し、コミカルでアイロニックな表情で小さなストーリーをつくり出します。

約120点のからくりおもちゃが集合いたしますので、ぜひご覧下さい。
お問合せは 鶴岡アートフォーラム Tel 0235-29-0260(代表) まで

桜よ雨に負けるな!

温海
04 /16 2018

あつみ温泉の桜の開花をお知らせした翌日に、雨でそれが散る心配をしなきゃならないなんて・・・


004_convert_20180415112117.jpg
15日(日)は東北の日本海側の広い範囲で雨となり、風も強く吹きました。本来であれば、この日曜日に合わせて「さくら祭り」があちこちで開催されたと思うのですが、雨にたたられてしまいました。


鶴岡市でも市役所近くの鶴岡公園の桜が満開となり、出店も多く、桜見物でかなりの人出が期待できたと思うのですが残念です。

鶴岡公園の桜
山形県鶴岡市観光連盟のHP  温海川河畔の桜の風景もありますので見て下さい。


002_convert_20180415112056.jpg
川水も雨で増水し、茶色く濁っています。4月1日から解禁となった渓流釣りもこの天気では諦めるしかないですね。


003_convert_20180415112106.jpg
桜の花びらよ 桜流しの雨に負けるな!

来週の日曜日に行なわれる「第33回温海さくらマラソン」までもってほしいものです。

温海さくらマラソン

温海の桜も満開です

温海
04 /15 2018

今年はいつまでたっても寒いから、ほんとに春が来るのか心配でしたが、温海地区にもようやく春が訪れたようです。でもまだ家ではヒーターをつけていますが・・・


014_convert_20180414152357.jpg
あつみ温泉入口の温海川河畔の桜も見頃を迎えました。昨年とほぼ同時期の開花です。


015_convert_20180414152407.jpg
こちら「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」の上位に毎回顔を出す「萬国屋」。楽天トラベル主催、「朝ごはんフェスティバル(R)2016」では全国約1500施設の頂点に立ち、見事優勝いたしました。

道の駅あつみがオープンした時、接客の研修をしていただいたのも「萬国屋」さんでした。懐かしい思い出です。


016_convert_20180414152425.jpg
こちらも「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」の上位の常連「たちばなや」。「じゃらん」認定の5つ星でハイクラスなお宿です。純和風の大浴場は私もおススメするいいお風呂です。

「たちばなや」さんの傍には「足湯」があり、こちらは通りがかりの方でも誰でもご利用できます。

あつみ温泉は、そぞろ歩きが楽しい温泉街です。ゆっくりと気の向くままに散策すれば、きっと素敵な出会いと心を癒す景色が出迎えてくれるはずです。

茶トラの心、いつ開く?

温海
04 /14 2018

鼠ヶ関に行ったついでに、看板ネコを探してきました。

いましたよ~  いたいた!

033_convert_20180412155233.jpg
前回とほぼ同じ!(笑)。歩道に横になってる看板ネコ達。

お前らを避けて歩道を歩けというのか!ここでは人間のほうが下の地位のようです。


028_convert_20180412155248.jpg
この茶トラ、2回見ましたが、2回とも寝っころがってて動きもしません。

「アスファルトが温かくて気持ちいーんだよ。邪魔すんじゃねー」と、態度で物語っています。



030_convert_20180412155303.jpg
顔がデカい、キジトラ。あまりの身体のデカさに、ナデナデする手を出すのに一瞬躊躇しますが、頭を撫でられると目を細めて嬉しそうな顔します。 むフフフ、こやつはかわいい。



031_convert_20180412155314.jpg
茶トラ、撫でても反応ナシ・・・

「あー 俺に構うんじゃねー」って表情。

帰りしなに、後ろから頭を一発叩いてやろうとかと思いましたがヤメました。

いつか茶トラが心を開いてくれるのを待ちます。

ばんけみそ

早磯
04 /13 2018

道の駅あつみのレストラン早磯で、春の味覚の「ばんけみそ」を作っていました。


001_convert_20180412084326.jpg
「ばんけみそ」とは、春の到来をいち早く教えてくれる「フキノトウ」を細かく刻み、味噌、調味料を合わせ、鍋で炒めながら混ぜ合わせて作る昔ながらの郷土料理の一つです。


002_convert_20180412084353.jpg
フキノトウがまだ蕾の頃は天麩羅にして食べますが、蕾が開き、花が咲いた後は「ばんけみそ」に加工ます。

フキノトウが「ばんけ」と呼ばれる由来は「化ける」が原語との説もあるし、アイヌ語の春を意味する「バッキャ」が転じたとの説があります。


004_convert_20180412084402.jpg
「ばんけみそ」の味は、やっぱりホロ苦い。それぞれの家庭で微妙な味の違いがあるのも面白いです。ご飯にかけたり、酒の肴に。

短い春の独特な味を、保存食にして長く味わえるようにしたのは先人の知恵ですね。

久しぶりに潮だまりを覗いてきました

潮だまりの中
04 /12 2018

吹く風も暖かくなり、久しぶりに裏の海岸へ行き、タイドプール(潮だまり)を覗いてきました。なんだか冬の間よりイソギンチャクも一回り大きくなったような気がします。


012_convert_20180411123809.jpg
イソギンチャクは海中のプランクトンなどを食べています。種類によっては触手の先に付いた刺胞で小魚を捕食するものもいます。


001_convert_20180411123704.jpg
※どんだけイソギンチャクが好きなんやねん!

前回イソギンチャクを撮ったとき、コントラストをあまりにも強調させすぎて師匠からダメ出しをくらいました。今回は総天然色です。

005_convert_20180411123739.jpg
ちゃんと違うのも探して撮ってきてますよ!

ピンポン玉よりちょっと小さいサイズのサザエさんを何個か見つけました。


008_convert_20180411123752.jpg
貝殻に海藻を生やしたお洒落なヤツ。岩石表面の微小藻を歯舌で削り取って食べます。水槽に入れるとガラスに付いたコケを食べてくれる「お掃除やさん」です。

潮だまりを覗くのって、なんて楽しいんだろう!

※仕事中になにしとんねん!怒

※天の声

あつみ温泉 朝市広場

お知らせ
04 /11 2018

あつみ温泉の中心部に位置する「朝市広場」に行ってきました。

シャッターが全部閉まっています・・・。訪れた時間が午前10時半頃だったので、残念ながら朝市は終了していました。普段は、4月1日~11月30日まで開催し、期間中は毎朝5時30分~8時30分まで活気に満ちた朝市が開かれています。


001_convert_20180408113926.jpg
朝市広場のずーっと奥に「温泉神社」がありますが、この度、今期の朝市の開始に合わせて4月1日より、絵馬を奉納する「絵馬掛け」が新しく設置されました。


002_convert_20180408113936.jpg
絵馬のデザインは2種類。絵馬は温泉内の各旅館とチットモッシェ、朝市店舗及び林業センターで購入出来ます。こちらの商売繁盛、開運招福の招き猫デザインは1枚400円。


003_convert_20180408113945.jpg
あつみ温泉へお越しの際の思い出にご奉納して下さい。ハートを模った縁結び、子孫繁栄の鶴のデザインは1枚500円。


005_convert_20180408114009.jpg
さらに! 温泉神社の横には約68℃の源泉が流れ出ていて、温泉卵が作れます。


006_convert_20180408114022.jpg
源泉は365日、24時間、流れています。


007_convert_20180408120032.jpg
道の駅あつみで地元養鶏場の新鮮な生卵を販売していますから、道の駅あつみで購入して、温泉神社へ GO!

あつみ温泉の温泉神社までは、道の駅あつみからお車で約5分の距離です。

syarinnews

山形県の道の駅あつみ「しゃりん」のお知らせブログです。温海地域のこと、鶴岡市のこと、いろいろ発信していきます!たまに関係ないことも・・・