カヤの実のお菓子

お知らせ
01 /19 2020

山里のピーナッツといわれる「カヤの実」

前に記事に載せたのですが、意外にも知ってる方が多くて驚きました。「昔、炒って食べてた。懐かしいね」とか、「カヤの実でクッキーを作ってます」と報告をいただき、ドヤ顔で「知ってる方はそう多くない! 珍しいぢゃろ! 」と得意げに紹介したのが恥ずかしいです・・・。


DSC_0011_(1)_convert_20200118132501.jpg
昔、薪ストーブがあった家では、金網のザルみたいな「炒り器」があって、カヤの実をストーブで炒りながら食べてました。私の古い記憶でも、家の居間に薪ストーブがありました。

当店にはカヤの実専用の「炒り器」があり、これで大量に炒ることができます。


DSC_0012_convert_20200118132519.jpg
ドラムにカヤの実を入れ、グルグル回しながら下からガスの炎で炒っていきます。

火加減と時間の調節が難しく、長年の勘が頼りです(この作業も雑用係の私の仕事です・・・)。


DSC_0014_(1)_convert_20200118132537.jpg
このカヤの実を原料として当店オリジナルのお菓子を作っています。

「カヤの実煎餅(540円税込)」は初代支配人が考案しました。このラベルの文字も初代支配人の書です。


DSC_0015_(1)_convert_20200118132614.jpg
他にも「カヤの実かりんと(380円税込)」 「カヤの実クッキー(498円税込み)」があり、道の駅あつみのオリジナルのお土産として大人気です。


三代目の支配人として、新たなオリジナルのお土産、ただ今考案中です。

山里のピーナッツ 「カヤの実」

お知らせ
01 /15 2020

「カヤの実」

知っている方はそう多くないと思います。見た目は「ドングリ」にたいへん似ています。


カヤ(榧)は、イチイ科の常緑喬木で、その木は碁盤、将棋盤の最高級品の木材といわれ、秋になると楕円形の緑色の種子を付けます。その果肉を取ると、堅い殻に覆われた実が出てきます。大きさは小指の第一関節ぐらいです。


ここ温海地域では、カヤの実を「油」の原料として出荷していたこともあり、山間部には多くの榧の木が植樹されました。しかし、時代の移り変わりと共にその需要が減り、今では榧の木自体が少なくなり、その実は大変希少価値のある物となりました。写真のカヤの実は火で炒ってますが、生の物も見た目は変わりません。


DSC_0017_convert_20200103113111.jpg
殻を割ると、黒い薄皮に包まれた実が出てきます。この薄皮は指で擦ると簡単に剥ける物もありますが、剥けにくい物もあります。この薄皮は付いたまま食べても大丈夫ですが、口の中に若干粉っぽさが残ります。


DSC_0019_convert_20200103113125.jpg
薄皮を丁寧に取ると、ちょっとシワの寄った実が現れます。食べた食感はピーナッツよりもカリッとした歯ごたえです。

これで油を搾ってたわりには、その味はピーナッツより油っぽくなく、香ばしさが後をひく美味しい木の実の味です。食べ始めると止まらなくなる美味しさです。

面白い事に、カヤの実は、その木の個体ごとに微妙に味が違い、実際に炒ってから食べてみるまでその優劣が付けられません。


DSC_0021_convert_20200103113038.jpg
今回試食してみたところ、味は大変美味しかったです。


当店でも、その時期に必ず販売するとは限らず、販売できない年もあります。 大変希少な商品で、運よくゲットされた方だけがその素朴な味を堪能できます。

山形の美味しいお米 つや姫 雪若丸

お知らせ
01 /09 2020

山形県の美味しいお米 つや姫 雪若丸

山形県を代表する、美味しいお米、つや姫・雪若丸が好評です。

つや姫は2008年(平成20年)に山形県の奨励品種に指定され、草丈が短く倒れにくいうえに、いもち病の抵抗性も強く、農家からも重宝がられました。

食味官能試験において、「外観につやがある」 「粒がそろっている」 「甘み、うまみがある」と高評価を得、「コシヒカリより美味しい」と評判になりました。


DSC_0006_(1)_convert_20200103152507.jpg
そして、平成30年、「つや姫」に凛々しい弟君が誕生しました。

「雪若丸」です。


DSC_0007_(1)_convert_20200103152524.jpg
雪若丸の食味は

★炊飯米の白さ・外観・光沢・味が優れ、「はえぬき」より食味が優れる。

★平成29年産米「雪若丸」は、米の食味ランキングで最高位の「特A」を受賞!

その食感は、粘りと硬さ(しっかりした粒感)のバランスがこれまでない新食感と大好評!


DSCPDC_0001_BURST20200102170739808_convert_20200103152737.jpg
米どころ山形県の美味しいお米、つや姫に雪若丸、見かけたらどうぞよろしく!

休館日のお知らせ

お知らせ
12 /26 2019

クリスマスの25日(水)は月末の最終の水曜日で、道の駅あつみは休館日です。


DSC_0053_(1)_convert_20191225085811.jpg
で、朝、普段どおり午前7時頃に出社してる私。

こーなるともう病気です。私の体内の正確無比な体内時計がいつも通りの朝4時半に強制的に目覚めさせ、行動を開始せよと脳に指令を送ります。

わしゃロボットか!


DSC_0054_(1)_convert_20191225085837.jpg
真っ暗な店内

クリスマスイブの昨夜は、会社の大きな会議があり、その後、道の駅あつみの忘年会を行いました。

アルコールを一切受け付けない私ですが、ウーロン茶をガブ飲みしてしまい、夜帰宅してから布団に入った後、ウーロン茶の利尿作用で、1時間おきにトイレに起きる地獄を朝まで体験しました。その回数なんと5回!前立腺炎をまだ患ってる私には生き地獄でした。


道の駅あつみ 年末年始は

12月31日(火)、1月1日(水)が休館日です。

1月2日(木)より通常営業いたしますので、お近くにお越しの際は、ぜひご利用くださいませ。

お待ちいたしております!

道の駅あつみ 情報館 コインシャワー

お知らせ
12 /22 2019

道の駅あつみのトイレと併設している情報館。トイレ同様、24時間開放されています。


DSC_0047_(2)_convert_20191220142923.jpg
ここには、道路状況や天気を知ることができる端末が設置されています。


DSC_0046_(3)_convert_20191220142859.jpg
また、疲れた時に休憩できる畳敷きの場所も24時間開放されています。


DSC_0048_(1)_convert_20191220142947.jpg
コインシャワーも設置されています。


DSC_0049_(1)_convert_20191220143005.jpg
自転車やバイクで旅をされている方、長距離トラックの運転手さん、など、リフレッシュにシャワーを利用される方がとても多いです。

道の駅あつみにはコインシャワーがある! 

覚えておくと、なにかと便利ですよ!

紅エビの加工食品

お知らせ
12 /20 2019

山形県鶴岡市の鼠ヶ関港に水揚げされた紅エビの加工食品を紹介します。

こちら、鼠ヶ関港で「エビ曳き漁」をしている発動機船「羽前丸」が、獲れた新鮮な紅エビをそのまま乾燥させた商品「ぱりんこエビ」です。


DSC_0040_(2)_convert_20191218172601.jpg
網からあげて、その日の内に乾燥させた商品で、エビの旨味だけがギュッと濃縮されています。道の駅あつみの人気商品です(320円 税込)。


DSC_0041_(2)_convert_20191218172623.jpg
山形県漁業協同組合が作る、同じく紅エビを乾燥させた商品がこちら。


DSC_0043_(3)_convert_20191218172646.jpg
「サックリ紅えび」です。

こちらの商品は平成26年度やまがたふるさと食品コンクールにおいて優秀賞に選ばれています。


どちらの商品も、本当に地元産の新鮮な「紅エビ」だけを使った、売り手側が自信を持って紹介できる逸品です。道の駅あつみにお越しの際は、鶴岡市のお土産として、どうぞお買い求めください!

冬の観光キャンペーン

お知らせ
12 /08 2019

山形県庄内地方の冬の観光キャンペーンのお知らせです。


img021_convert_20191207135650 - コピー
今年10月にデビューした庄内のブランドカニ「庄内北前カニキャンペーン」のお知らせです。

来年1月31日まで、キャンペーン参加店でお食事をし、アンケートにご回答いただいた方の中から抽選で素敵なプレゼントが当たります。詳しくは、0234-24-6045 庄内浜ブランド創出協議会まで


img001_convert_20191207135505.jpg
庄内地域の冬の味覚「寒鱈まつり」のお知らせです。

来年1月12日(日)は、道の駅あつみで寒鱈まつりが開催されます。午前10時から500杯提供予定で、お値段は一杯600円です。日本海で水揚げされた旬の真鱈を使った絶品の「鱈汁」を、ぜひ食べに来てください! お問い合わせは、0235-44-3211 道の駅あつみまで


img002_convert_20191207135526_201912071532174ee.jpg
庄内地域の温泉の紹介です。

あつみ温泉には3ヵ所の足湯に、足湯が併設されたカフェ「チットモッシエ」があります。風情ある温泉地ですので、この冬は温まりにお越しください。お問い合わせは、0235-43-3547 あつみ観光協会まで


img003_convert_20191207135549.jpg
米どころ庄内の新酒まつりのお知らせです。

来年3月7日に「あつみ温泉 摩耶山新酒まつり」が開催されます。温海地域限定販売の清酒「摩耶山」を地元の美味しいものと一緒に堪能するイベントです。ここでしか味わえないお酒ですので、ぜひお越しください。お問い合わせは、0235-43-3547 あつみ観光協会まで

道の駅カード 再びお知らせ

お知らせ
12 /04 2019

いまいち盛り上がりに欠けている感のある「道の駅カード」を再びご紹介します。


DSC_0038_convert_20191203164105.jpg
東北「道の駅カード」只今販売中です!

カードは東北の道の駅「152駅」がデザインされ、その土地の道の駅でしか販売していません。

このカードで「バトル」させたり 「ババ抜き」したり 「ポイント」がついたり 「カッコよく投げてロウソクの火を消す」 なんてことはできません!

DSC_0039_convert_20191203164122.jpg
自分が訪れた土地の道の駅を懐かしく思い出すアイテムにしてください。

それと・・・


img019_convert_20191203164308_2019120316440113d.jpg

東北各県の道の駅を全て集めると、その県の「コンプリートカード」が各県先着1,000名様にプレゼントされます。

道の駅マニア垂涎の品です!

道の駅に寄ったら、ぜひ「道の駅カード」の購入をお忘れなく! お値段は、1枚 200円(税込)です。

荒巻鮭

お知らせ
12 /01 2019

道の駅あつみの外バザール、鼠ヶ関水産加工生産組合のお店で、荒巻鮭の販売が始まりました。

私も昨年、切り身になったのを買って食べたのですが、サイコーに美味しかったです。昔ながらの「塩引き」の味で、切り身一つでご飯茶碗一杯食べられました。また、お茶漬けにして食べたらむちゃくちゃ美味しい!この荒巻鮭の虜になりました。


004_convert_20191128171205.jpg
お値段もいいんですよねー(笑)。さすがに「1本」は食べきれないので私は切り身で購入しました。


003_convert_20191128171150.jpg
美味しい荒巻鮭を買うコツとして、仲買人の資格を持つレストランの会長さんが教えてくれたのが、開いたハラの赤いのを買えと。

この写真だと右側のが美味しいそうです。


これ一本買ったら、一冬ご飯のおかずには困らないと思います(笑)。

もちろん、川に上った鮭じゃなく、沖あいで獲れた銀ピカの脂が最高にのった鮭ですから、その味は極上の逸品です。


あぁっ、炊き立ての白いご飯とこの焼いた鮭の切り身があれば何もいりません・・・

タイヤ交換はお済でしょうか?

お知らせ
11 /30 2019
img015_convert_20191126113708.jpg
雪国にお住まいの皆さん、タイヤ交換はお済でしょうか?

山形県の鶴岡市は豪雪地帯ではないのですが、スタッドレスタイヤはこれからの季節の必須のアイテムで、およそ半年近くは冬タイヤを装着することになります。


先日訪問した鹿児島県では、雪は降ることはあっても積もることがないので、スタッドレスタイヤに履き替えることはないそうです。なんとも羨ましい話です。


img016_convert_20191126113730.jpg
スタッドレスタイヤを装着したからといっても峠道を走行するのは不十分で、スリップによる立ち往生の原因は圧倒的にチェーン未装着の大型車両が関係しています。


山形県内にも立ち往生の危険がある箇所が複数あり、登坂不能になると大渋滞が発生し、広域迂回が必要となります。安全に走行すめために、早めにスタッドレスタイヤを装着し、万が一に備える準備をしてください。


山形の雪道を軽視してはいけません! 

syarinnews

山形県の道の駅あつみ「しゃりん」のお知らせブログです。温海地域のこと、鶴岡市のこと、いろいろ発信していきます!たまに関係ないことも・・・