【臨時休業のお知らせ】

お知らせ
04 /07 2020
4月6日(月曜日)から20日(月曜日)頃までをめどに臨時休業といたします。



ご利用される皆様には多大なご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のほどお願いいたします。


※コロナウィルスの感染状況に応じて臨時休業の日にちが変動する場合があります。


4月7日 6:50


道の駅あつみ
支配人

【重要】臨時休業のお知らせ

お知らせ
04 /06 2020
新型コロナウィルスの感染拡大防止および鶴岡市の対策基本方針に基づき、店舗の営業を6日(月)は臨時休業とさせていただきます。


※コロナウィルスの感染状況に応じて臨時休業を延期する場合がございます。

4月6日 6:45


道の駅あつみ
支配人

それでも花は咲く

お知らせ
04 /05 2020

コロナウィルスがいくら世間を騒がせようとも花は咲きます。

山形日和。花回廊キャンペーンのお知らせです。


img013_convert_20200404171643.jpg
東北一の規模を誇る「東沢バラ公園」

750種、2万株のバラが楽しめます。見ごろは6月中旬頃。


山形県の花「紅花」は7月中旬に見ごろを迎えます。

※イベント等は中止になる場合もありますので主催者側におたずね下さい。


img011_convert_20200404170715.jpg
自然に恵まれた山形なではの美食。


img012_convert_20200404170731.jpg
庄内エリアは全国的にも注目される「食の都」です。

※イベント等は中止になる場合もありますので主催者側におたずね下さい。


このご時世ですので「ぜひ、山形県へどんどん来てください!」とは言えませんが、騒動が落ち着いたら、山形県の素晴らしい景観を思い出し、どうぞ足を運んでくださるよう願っています。


動画 鯛が「もっタイない!」

動画 いろいろ
04 /04 2020


鼠ヶ関港に、漁に出ていた発動機船が入港しました。



この日、競りにかけられる品を見てきました。


DSC_0002_BURST20200401164010104_convert_20200403115256.jpg
大量のサザエ! すごい数です。


DSC_0067_convert_20200403115314.jpg
さらに圧巻だったのがアワビ!


DSC_0068_convert_20200403115215.jpg
潮の流れで常に移動する船を操り、岩の影や隙間に居るアワビを獲る・・・しかも傷一つ付けないで・・・。熟練の漁師さんでないと出来ない技です。


DSC_0070_convert_20200403115330.jpg
この日、一番驚いたのが「鯛」。

庄内沖で獲れる鯛はこの時期「木の芽鯛」と呼ばれ、一年の中でも最も美味しいといわれています。


DSC_0071_convert_20200403115347.jpg
そして、産卵を控えて集まってくるため、非常に多く水揚げされ、今が一番の旬といえます。


DSC_0073_convert_20200403115406.jpg
高く積み上げられた発泡スチロールの箱すべてに鯛が入っています。


ただ、このコロナウィルス騒動で、旅館や飲食業界が大打撃を受け、鯛の消費がものすごく減っているのだそうです。

一年で一番の旬を迎え、大漁の鯛なのに「出荷先が無い・・・」と、漁協関係者が嘆いていました。

せっかくのいい鯛なのに・・・「鯛がもっタイない!」


やっぱりコイツは・・・野良猫の太郎

温海
04 /02 2020
DSC_0034_(4)_convert_20200228161227.jpg
めでたく我が家の家族となった、野良猫の太郎。

朝晩せっせと餌をあげていますが、私が知ってるだけでも近所の二軒ほどからも餌をもらい、しかも隣りの家からは「シロ」と呼ばれて可愛がられています。たぶん隣りの家でも「我が家の家族の一員」だと主張するでしょう。なので、私の中ではいつまでたっても「野良猫の太郎」の身分から昇格していません。


DSCPDC_0003_BURST20200329143029489_COVER_convert_20200330163923.jpg
ボス猫のツラ構え。

なにか文句でもありそうな機嫌の悪い顔。私がオス猫だったら、この顔見ただけでシッポを股に挟んで逃げだすでしょう。

でも、シッポを立てて寄ってくるということは、少しは私に好意を感じてるのでしょうか?


DSC_0057_(9)_convert_20200330163731.jpg
近いよ!(笑)

汚い顔していますが、ブルーの眼だけは綺麗です。


DSC_0064_(1)_convert_20200330163859.jpg
相変わらず、頭を撫でると、すっごい嫌そうな顔します。

この前も噛まれましたが、ガッチリ本気で噛まずに、甘噛みされました。

もしかしたら、この「嫌そうな顔」は「喜んでる顔」なのか?と思い、調子に乗ってお腹を撫でようとしたら、血が出るほど引っ掛かれました・・・


やっぱりコイツはヒモ野郎ぢゃ!(泣)

サザエさん、見つけた!

潮だまりの中
04 /01 2020

お天気が良かったので、道の駅あつみの裏の海岸へ降りてみました。


DSC_0069_(1)_convert_20200331105605.jpg
山形県の鶴岡市では、まだ桜の花も開花してないので、代わりにイソギンチャクをご覧下さい。


DSC_0072_convert_20200331105629.jpg
潮だまりの中を覗くと、イソギンチャクや貝など、様々な生き物を見つけることができます。


DSC_0068_(1)_convert_20200331105539.jpg
サザエさん、見つけた!

この時期、親指の先ぐらいの大きさのサザエが、無防備にポツンと海中の岩の上に居る姿を見つけることがあります。

天敵のイトマキヒトデやカニなどの活性がまだ低いから安心しているのでしょうか。


DSC_0071_convert_20200331105653.jpg
簡単に見つけることができますが、捕っちゃダメですよ。

潮だまりの中を覗きこんで観察して下さいね。

駐車場ご利用の際のお願い

お知らせ
03 /31 2020

公共施設や病院などはもとより、大小にかかわらず様々な施設や店舗で車椅子マークの標識が駐車場に確保されています。

車椅子マークの正式名称は、「国際シンボルマーク」といいます。


店舗の入り口付近や、トイレに近い駐車場の一角にこの「国際シンボルマーク」が描かれてあれば「車椅子を利用する障害のある人」や「足腰の弱い高齢者」や「妊婦さん」が車を停めるべき場所で、特に障害の無い方がこの場所を利用されると、その駐車スペースを本来必要としている人が利用できない事態となります。


DSC_0057_(3)_convert_20200319163620.jpg
私の個人的な感想ですが・・・

一般の健康な方で、この「国際シンボルマーク」に堂々と車を停めていかれる方は、某外国メーカーの高級車に乗ってられる方とか、某国産メーカーの大型高級車に乗ってられる方が大変多いように見えます。


高級車に乗っているという優越感が、自分は特別な人間だと錯覚させてしまうのでしょうか・・・(私の個人的な感想です)。


あと、雨の日などは少しでも入り口の近くに停めたいのか、駐車場からさらに店舗の近くまで侵入し、他のお客様の往来の邪魔になる場合も多々見かけられます。


全て「自分が、自分が!」じゃなく、一歩引いて、周りの事もよく考えてもらいたいものです。

鯛丼

早磯
03 /30 2020
DSC_0057_(8)_convert_20200329093226.jpg
道の駅あつみのレストラン早磯のメニュー「鯛丼」です。

庄内沖は潮の流れが速いことから、身のしまった良質なタイがとれることで有名です。

ここ、鼠ヶ関の沖合には、多くのタイが生息する岩場が点在し、タイの「ごち網漁」が盛んに行われています。

「ごち網漁」とは、50メートルほどの網の両端に引き網のついた漁具を船で引き、海底から中間層近くにいる魚を漁獲する漁法をいいます。


DSC_0058_(8)_convert_20200329093253.jpg
今、まさに旬の味!

鯛は一年中とれますが、木の葉が芽吹く頃に産卵期を控えて集まってくるマダイを「木の芽ダイ」と呼び、一番美味しい時期といわれています。


道の駅あつみのレストラン早磯では、店主自ら競りに出向き、鼠ヶ関港に水揚げされた新鮮で最高に美味しい真鯛を仕入れてきます。その日の天候、漁次第で提供できない日もありますので、従業員にお声かけください。

鯛丼 1,000円(税込)

動画 ワカメの湯通し

動画 いろいろ
03 /29 2020
DSC_0068_convert_20200328103015.jpg
道の駅あつみのレストラン「早磯」で、今期初の「ワカメ」を仕入れてきました。


例年だと4月15日頃にワカメが市場に出回るというので、今年は2週間以上も早く新物のワカメが食べられます。





茶色のワカメを湯通しすると、一瞬で鮮やかな緑色に変わるのは、見ていて気持ちがいいですね。


ちなみに私は給料日の翌日には支払いが多くて、一瞬で顔が青くなります・・・。見ていて可哀そうですね。

漂着物ウオッチング  アカモク編

漂着物ウオッチング
03 /28 2020

沖に見える島は、新潟県の粟島です。

何か面白いモノが漂着していないか、道の駅あつみの裏の海岸へ降りてみました。


DSC_0058_(7)_convert_20200327111014.jpg
ムムッ、海面を漂流しているこの海藻は!


DSC_0059_(5)_convert_20200327111041.jpg
これは「アカモク」ではないか!

「アカモク」とは、最近TV等でも特集される話題の海草で、ネバネバ、シャキシャキのとても美味しい海草です。


この辺の海岸に生えているのではなく、道の駅あつみの沖に見える島、「粟島」が産地と噂され、粟島では海中にネットを張り、アカモクが他に流れ出さないように管理していると噂されています。

要するに「噂の範疇」から出ない不思議な海藻で、私も生えてるところを見たことないので、よくわかりません。3月の下旬頃にこの辺の海岸へ流れ着くことが稀にあります。


※プロの漁師さんもこのブログを見ているので補足しますが、今回私が見つけた海藻は「アカモク」の一種で、この辺では「ツブナガ」と呼ばれ、長い俵状の房が付いている種類のものです。「ギバサ」と呼ばれるものとは食べ方は一緒ですが、別種になります。


DSC_0060_(4)_convert_20200327111102.jpg
湯通しすると、鮮やかな緑色になります。


DSC_0063_(1)_convert_20200327111117.jpg
包丁でトントンと細かく刻んでいくと・・・


DSC_0065_convert_20200327111135.jpg
納豆顔負けのネバネバの糸引き状態になります。

あとは、お醤油を足して、温かいご飯の上に乗せて食べれば・・・

美味い!

お醤油の代わりに麺ツユで食べても美味しいです。


海面を漂う多くの海藻、藻の中から、これを一瞬で見つけ出せるようになるまで、3年かかりました(笑)。

道の駅あつみ 休館日

しゃりん徒然日記
03 /26 2020

月末最終の水曜日3月25日は、道の駅あつみは休館日でした。


DSC_0059_(4)_convert_20200325073636.jpg
それでも私は、いつもと同じ時間に出社しております・・・。

休館日に出社しなきゃならない仕事があるのかというと・・・特にありません。


DSC_0061_(3)_convert_20200325073720.jpg
じゃあ、何やってるかというと・・・前日の売上のデーターを入力して、「訪問者リスト」の皆さんのブログを拝見しております。

休みの日ぐらいゆっくり寝てればいいのに、私の体内時計にプログラムされた「行動管理」がそれを許してくれません。

「わしゃ、ロボットか!」

はい。1月の休館日も2月の休館日も同じ事を叫んでました。いつもの「お約束ごと」です。


DSC_0060_(3)_convert_20200325073658.jpg
誤解のないよう言っておきますが、仕事が趣味なワケじゃありません。

「支配人」というプレッシャーに押しつぶされそうで、ストレスからくる慢性の病を常に抱えています。


「支配人」という立場だから、休みの日に出社したり、仕事中にあちこちブラブラしてブログのネタを探したり、割りと自由にさせてもらっていますが、仕事が大好きなワケじゃありません。


ん? でも・・・意外と楽しんでやってるのかもしれない(笑)

山形県の魚 サクラマス

山形
03 /25 2020

山形県の魚「サクラマス」。
平成4年3月に山形県のシンボルの魚に制定されました。川への遡上がピークを迎えるのはその名の通りサクラの咲く時期。


山形県では、最上川や赤川などに3月上旬から5月頃まで遡上し、それを釣ろうする釣り人が大勢県内に訪れます。私も3年間ほど川に通いましたが、結局一匹も釣り上げることができずに足を洗いました。

サクラマスの遡上で有名な赤川では川岸に30人以上の釣り人が竿を出しますが、1日に1本でもあがればいいほうだと言われてます。


DSC_0057_(6)_convert_20200324122725.jpg
精悍な顔つきにグラマラスなボディー。私には幻の魚です。


サクラマスの脂ののった美味しさは、マス類の中でも最高とされ、庄内では絶大な人気を誇る希少な魚です。写真の魚体は50㎝ほどですが、私がこれを買うとしたら4,000円だと魚屋さんに言われました。


鶴岡市では、素焼きのマスに大根おろしを添える「染めおろし」が定番の食べ方です。
至極の味です。

DRAIVING Shonai ! 観光ガイドブック

鶴岡
03 /24 2020

山形県庄内総合支庁で発行している「庄内の観光ガイドブック」です。


img006_convert_20200321162246.jpg
道の駅あつみのは、日本海沿岸の一番下の位置です。


img007_convert_20200321162304.jpg
フルーツ王国「山形県」


img008_convert_20200321162319.jpg
絶品グルメにお土産もいろいろ!

四季折々の風景と食を楽しめる土地

「食の都庄内」へ、どうぞ いらっしゃい!

道の駅あつみ名物 えび汁

しゃりん徒然日記
03 /23 2020

道の駅あつみ、外バザールの鼠ヶ関水産加工のお店で、庄内浜名物の「えび汁」を販売しています。


DSC_0057_(5)_convert_20200322103029.jpg
大鍋の中にはエビがいっぱい!

もう「エビの玉手箱や~」の状態。すっごい、いいダシ出てます!


DSC_0058_(3)_convert_20200322111956.jpg
エビは2種類

柔らかくてそのまま全部食べられる「紅エビ」と、殻は堅いが濃厚な味が特徴の「ガサエビ」を使用。


山形県の庄内地域は、全国でも5本の指に入る紅エビ(ホッコクアカエビ)の一大産地です。海洋深層水域に生息し、山形県ではカゴ漁ではなく底曳網で漁獲されています。小ぶりながら非常に甘味が強いのが特徴です。


一方の「ガサエビ」は日本海沿岸でしか獲れない希少なエビです。鮮度が落ちやすいため、市場にはあまり出回らず、主に地元で消費されることが多く、別名「幻のエビ」ともいわれています。身がしまっていて独特な甘みが特徴です。


DSC_0059_(1)_convert_20200322103050.jpg
美味しいそう~ って?

美味しいに決まってます! 

道の駅あつみへ、どうぞお越しくださいませ。お待ちいたしております。

レストラン早磯 刺身定食

早磯
03 /22 2020

道の駅あつみのレストラン早磯の刺身定食(1,450円 税込)。


IMG_3589_convert_20200319143035.jpg
この日の刺身のネタは

鯛 ・ しも鯛 ・ タコ ・ アラ ・ メバル ・ 紅エビ ・ ブリ ・ なめろう ・ エビの塩辛

道の駅あつみのレストラン早磯では、店主自らが鼠ヶ関漁協の競りに出向き、その日に水揚げされた新鮮な魚介類を仕入れてきます。

日本海に面した道の駅あつみ、魚料理には自信がありますので、お近くにお越しの際はぜひどうぞ。

syarinnews

山形県の道の駅あつみ「しゃりん」のお知らせブログです。温海地域のこと、鶴岡市のこと、いろいろ発信していきます!たまに関係ないことも・・・