国宝 羽黒山五重塔

お知らせ
07 /10 2018

樹齢1000年を越える巨杉が立ち並ぶ参道に経つ五重塔。東北では最古の塔で昭和41年に国宝に指定されました。

この羽黒山の五重塔が7月14日(土)から10月28日(日)までの土、日、祭日、お盆期間中の限定で幻想的にライトアップされます。(悪天候の場合は中止することがあります)。


0001_convert_20180708144725.jpg
五重塔は総高約29.2メートル。塔身には彩色等を施さない素木の塔です。江戸時代、五重塔の周囲には多くの寺院、建造物がありましたが、そのほとんどが取り壊され、唯一残った仏教式建築がこの五重塔なのです。


0001_(3)_convert_20180708163750.jpg
そして今、出羽三山の「三神合祭殿再建200年」、「羽黒山神社認定150年」、「天皇陛下御在位30年」の節目を迎え、明治以降公に開扉しなかった塔の内部を特別に一般公開いたします。

神秘の扉が今、開かれます!


興味のある方、ぜひどうぞ! もう二度と見る事は出来ないかもしれません! もちろん、私も見に行きます!

羽黒山、五重塔から道の駅あつみまではお車で約50分の距離です。山中で五重塔を拝観したら、次は日本海を見に道の駅あつみへ! お待ちいたしております!

コメント

非公開コメント

syarinnews

山形県の道の駅あつみ「しゃりん」のお知らせブログです。温海地域のこと、鶴岡市のこと、いろいろ発信していきます!たまに関係ないことも・・・