人面魚の逆襲

鶴岡
05 /16 2018

昨年の6月、鶴岡市大山地区の「貝喰の池」で、滞在時間わずか10分で人面魚を探し出した私。

人面魚を探せ 2

今回は、「貝喰の池」の「龍王殿」で販売している「鯉のえさ 100円」のアイテムのチカラを借りて、ここに棲む幻の人面魚をカメラに収めたいと思います。


022_convert_20180514225050.jpg
えさを撒く → 鯉、大興奮!

その光景は、まるでアマゾン川にはまり込んでしまった「ヌー」に襲いかかる「ピラニア」の群れと同じ! 今、間違って池に落ちたら、鯉に骨になるまで喰われそう!

024_convert_20180514225112.jpg
この中から人面魚を見つけられるのか!?

こりゃムリだ!

と、思ったその時!

032_convert_20180514225227.jpg
いた! 去年見たのと同じヤツ!


034_convert_20180514225253.jpg
なんか、微妙なカメラ写り・・・

031_convert_20180514225203.jpg
人の顔に見え・・・なくもない。 ずいぶんホリの深いお顔をしてらっしゃいます。


025_convert_20180514225344.jpg
なんと、もう一匹いた!

026_convert_20180514225404.jpg
人面魚っていうより、猫顔魚?

いや、あなたの大いなる想像力を持ってして見れば、ちゃんと人間の顔に見えるハズです!
見えた!といってくれー!


今回は100数十匹の鯉の中に少なくとも2匹の人面魚が居ることが確認できました。鯉の寿命は約50年といわれているので、この先もまだ「貝喰の池の人面魚」の話題が続くことと思います。

036_convert_20180514225433.jpg
「龍王殿」のわきには「奥の院」がありました。


038_convert_20180514225452.jpg


039_convert_20180514225508.jpg
こんな所にも鯉が。


平日の午前中に訪れた「貝喰の池」でしたが、他にも4~5人の方が人面魚を探しに、また、「龍王殿」に参拝に来られていました。「貝喰の池」のある善宝寺も見ごたえのあるオススメの場所なので、鶴岡にお越しの際はぜひどうぞ。

鶴岡市大山地区の善宝寺は、道の駅あつみから、お車で約30分の距離です。

善宝寺

コメント

非公開コメント

平井堅っぽい人面魚。

これだけ彫りが深い顔立ちだと、日本人離れして
見えますね・・・。

映画版「テルマエ・ロマエ」に於ける阿部寛が
違和感なく古代ローマ人を演じたように。

人面鯉、実は古代の池で溺れた挙句にタイム
スリップして来た外来種だったりして(笑)。

Re: 平井堅っぽい人面魚。

こんのすけさん、コメントありがとうございます。

人面魚がTVで取り上げられ
一大ブームとなったのが30年前。

当時と同じ個体ではないと思いますが、
金系の鯉には出やすい模様(?)なんでしょうね。

ここでまた再ブームを起こして
鶴岡に観光客を誘致する為に
「阿部寛」とのタイアップを狙ったほうが
いいのかもしれませんね(笑)

syarinnews

山形県の道の駅あつみ「しゃりん」のお知らせブログです。温海地区のこと、鶴岡市のこと、いろいろ発信していきます!