その後の人面魚

鶴岡
05 /15 2018

道の駅あつみのお知らせブログの中で、自分なりに一番の内容だったと思っているのが、鶴岡市大山地区にある「貝喰(かいばみ)の池」へ人面魚を探しにいったときの記事です。

人面魚を探せ! 1

この時は下準備もせず出かけ、車を停めた駐車場から20分も山道を歩き、ようやく人面魚の棲む「貝喰池」にたどり着いたら、すぐ近くに別の駐車場を見つけ、あまりのショックに脱力したもんですが、今回はちゃんと学習し、徒歩でたった2分で着く駐車場をゲットしました。

007_convert_20180514200311.jpg
「貝喰池」へ向かう途中、急な石段がありましたが、足が不自由な方でも車椅子で行けるスロープが付いてるし、なんと「杖」の貸し出しもありました。


008_convert_20180514200336.jpg
ここが幻の人面魚がいる「貝喰の池」です。伝説では「龍王」「龍女」の棲みかといわれ、池のほとりに足を踏み入れた瞬間、神秘的なオーラを感じるほど荘厳な雰囲気を醸し出していました。


009_convert_20180514200353.jpg
このへんで人面魚見かけませんでした?

「しらね」

・・・・・・

「貝喰の池」で今日初めて見かけた鯉からは有力な情報は聞き出せませんでした・・・


035_convert_20180514200439.jpg
池の奥には「龍王殿」がありました。とても神聖な雰囲気で、ピーンと張り詰めた空気が流れているように感じました。

ここから池を眺めると・・・


014_convert_20180514200541.jpg
げげっ! 鯉、多っ!

しかも何? コイツら、すっごく人懐っこい! 私の移動する方向へとついてきます。


015_convert_20180514200514.jpg
こっ、コレが目当てかっ!


はたして、今回も人面魚を探すことが出来るのか!?


明日に続きます。

コメント

非公開コメント

syarinnews

山形県の道の駅あつみ「しゃりん」のお知らせブログです。温海地区のこと、鶴岡市のこと、いろいろ発信していきます!