県境

温海
07 /27 2017

鶴岡市温海地区は新潟県との県境に位置しています。国道7号線を南下すると県境には「境界標」というものがあります。とても目立たない場所に立っている為、ほとんどの人が境界標の存在を知らないと思います。賢いナビを取り付けている車なら「新潟県に入りました」の案内で県境を越したことがわかります。

008_convert_20170726074500.jpg
一方、鼠ヶ関の集落内を通る県道には立派な境標が立っていました。


010_convert_20170726074525.jpg
ペイントが薄くなってよく見えませんが道路に「足型マーク」が描かれ、①山形県側 ②身体、県境で真っ二つ! ③新潟県側 に立つことが出来ます。


012_convert_20170726074546.jpg
この境標の向かい側にあるのが「新潟県 最北」の標識。村上市の「いぐれの」という集落が新潟県最北となっています。


007_convert_20170726074604.jpg
中には「県境通過記念スタンプ」が入っていました(スタンプ押して図柄の確認をするの忘れました 笑)。温海地区に住んでても境標と記念スタンプの存在を知らない人が多いと思います。とてもレアな物ですので、道の駅あつみまで来た際には行ってみて下さい。道の駅あつみから、車で約5分の距離にあります。

奇跡の夕陽

温海
07 /26 2017

こちら、おととい月曜日の夕陽です。

002_convert_20170725181033.jpg
なにが奇跡かというと‥‥月曜日は朝からお昼すぎまで大雨で、とても夕陽が出るような天候じゃなかったのですが、ちょうど夕方にいい具合に雲の切れ間ができて、そこから夕陽がちょっと顔を出してくれました。あの大雨が降ってる時には想像も出来なかった奇跡の夕陽です。頭上はまだ真っ黒な雨雲です。

003_convert_20170725181051.jpg
夕陽の光が周りの雲をオレンジ色に染め上げて、とても綺麗です。夕陽を見慣れているハズなのですが、あまりにも綺麗で見入ってしまいました。

004_convert_20170725181110.jpg
黄昏‥‥古くは「たそかれ」と言って薄暗くなった夕方は人の顔が見分けにくくなり「誰だあれは」の意味の「誰そ彼(たそかれ)」が夕方を指す言葉となり、漢字の「黄昏」は当て字で、本来の読みは「こうこん」だそうです。

005_convert_20170725181126.jpg
こんな夕陽が見られる環境に居ながらいつも思うのは「死ぬまでに、一度でいいから海から昇る朝日を見てみたい!」です(笑)。贅沢な願望でしょうか。

江戸川区 第46回金魚まつり 二日目

イベント情報
07 /25 2017

江戸川区立、行船公園で行われた「第46回金魚まつり」の二日目の様子をお届けします。

温海地区の特産品として、今が旬のアスパラを販売しました。前日のお昼頃まで畑に生えていたアスパラをタイムサービスの宅配便で東京に送り、次の日の午前10時前には東京で販売できます。鮮度バツグンです。

IMG_1980_convert_20170724123650.jpg
自家製のお味噌を、しその葉で巻き、油で揚げてパリッとした食感が美味しい「しそ巻き」。懐かしい味と大好評でした。



IMG_1984_convert_20170724123736.jpg
金魚まつりのメイン会場では、すごい行列ができていました。左手奥のテントのまだ先が先頭です。およそ300人ぐらいは並んでいるでしょうか? 並ばれている方の目的は‥‥

IMG_1985_convert_20170724123745.jpg
「高級金魚すくい」!  しかも1回 500円!!金魚すくいとしては高額です!  金魚をすくえずに、アミが破けたらどうするの? あの一匹12000円のランチュウも入っているの? 自分の仕事が忙しくて、その金魚すくいの全貌を見ることはできませんでしたがすごく気になります!

IMG_1983_convert_20170724123723.jpg
こちら、江戸川区の金魚をPRするキャラクターの「えど金ちゃん」 。えど金ちゃん、あなた、ヒゲ生えてるから金魚じゃないでしょ?ホントは「コイ科」なんじゃないの?

IMG_1990_convert_20170724123813.jpg

イベント二日目の23日(日)は、昼すぎから小雨になりましたが、多くの方がご来場され、イベントは大成功! 鶴岡の物産販売もまずまずの売り上げとなりました。

また来年もおじゃまいたしますので、待ってて下さいね!

江戸川区 第46回金魚まつり 初日

イベント情報
07 /24 2017

7月22日(土)と23日(日)の両日、江戸川区の行船公園で「第46回金魚まつり」が開催されました。江戸川区と友好姉妹都市の盟約を結ぶ鶴岡市も、このイベントに物産販売で参加いたしました。

IMG_1974_convert_20170724111421.jpg
江戸川区は明治時代から金魚の養殖が盛んに行なわれ、愛知県弥富市、奈良県大和郡山市に並ぶ金魚の三大産地。この金魚まつりでは、20種以上の金魚の即売をはじめ、飼育器具などの販売から模擬店まで多数のお店が出店します。

区立行船公園はとても広い公園なのですが、沢山の方が訪れ、すれ違うのも困難なくらい大賑わいでした。

IMG_1975_convert_20170724111431.jpg
一匹 12000円のランチュウも販売していました。

IMG_1972_convert_20170724111359.jpg
鶴岡市の物産テントでは、だだちゃ豆アイスに地ビール、玉こんにゃく、メロン、地酒にワインと美味しい物を取り揃えて販売しました。

IMG_1977_convert_20170724111441.jpg
22日(土)はお天気も良く、大勢のお客様がいらっしゃいました。鶴岡出身の方も多く、会話が弾みます。

IMG_1978_convert_20170724111451.jpg
玉こんにゃくを温めての販売でしたので、コンロの近くは暑く大変でしたが、飛ぶように売れました。10年以上も続けて参加しているので、お馴染みのお客様も多いですし、鶴岡の美味しい物を目当てに来場くださる方もいらっしゃいます。ありがたいことです。

23日(日)、二日目のご報告は明日にいたします。

鶴岡市東京事務所

お知らせ
07 /21 2017
第二次大戦中、戦火にさらされた東京では学童の集団疎開が始まり、江戸川区ではそのほとんどが山形県鶴岡市の湯田川温泉、温海温泉、市内の旅館や寺院に滞在しました。終戦とともに東京に戻った学童たちは成人した後も幼少時代を過ごした鶴岡を懐かしく思い出し、市民全体の友情を深めようと昭和56年5月に鶴岡市と江戸川区で友好姉妹都市の盟約が結ばれました。

鶴岡市では、江戸川区での活動の拠点として平成2年4月に、鶴岡市東京事務所が開設され、市の職員が出向し、祭事、イベントで鶴岡市をPRすべく活動しております。

turuoka_edo[1]_convert_20170720133324

7月22日(土)、23日(日)に江戸川区特産金魚まつりが区立行船公園で開催されます。

詳しくはこちら

このイベントに鶴岡の物産販売で、道の駅あつみも参加いたします。

こちらのブログも更新出来ずに24日の月曜日までお休みします。金魚まつりの様子をお伝えしますので、道の駅あつみのブログを忘れないで下さいね (^∇^)ノ

鼠ヶ関小学校 イカ干し体験

温海
07 /20 2017

昨日、鼠ヶ関小学校3年生の児童が、総合学習の一環として、水産加工組合さんの加工場でイカの一夜干し体験を行いました。

IMG_1963_convert_20170719101240.jpg
三和丸の船長の指導のもと、包丁の使い方から説明が始まり、神妙な面持ちで話を聞いていましたが、生のイカを手に取ると大はしゃぎ!(笑)

IMG_1964_convert_20170719101250.jpg

IMG_1965_convert_20170719101300.jpg
「ぎゃー!」 「きもーい!」 とか言いながらも、上手にイカを開いて内臓を取り出し、目と口も取り除いていきます。子供たちが一番騒いだのが「えーっ! 目玉を取るのー!?」でした(笑)。

IMG_1966_convert_20170719101309.jpg
自分で開いたイカをきれいに水洗いして‥‥

IMG_1968_convert_20170719101444.jpg
竹串を使って留めて干します。

IMG_1969_convert_20170719101331.jpg
天日干しすれば、夕方には出来上がります。

IMG_1970_convert_20170719101340.jpg
「ひこまろ」君が作ったイカ干し、きっとお父さん、お母さん、「美味しいよ」って言って食べてくれると思いますよ。

鼠ヶ関 夕景

温海
07 /19 2017

昨日、沈む夕陽を撮りに鼠ヶ関に向かったのですが、残念ながら水平線の雲に隠れて、その姿を見ることができませんでした。日の入りの時刻は午後7時頃でした。

IMG_1949_convert_20170719072839.jpg
鼠ヶ関の弁天島と恋する灯台。


IMG_1956_convert_20170719072849.jpg


IMG_1958_convert_20170719072910.jpg
一日の仕事が終わって帰港する作業船と、それを牽引するタグボート。

道の駅あつみからも、きれいな夕陽が見られます。裏の芝生広場には、ゆっくり座って沈む夕陽を見れる場所もありますので、今だと午後6時半すぎにお越しになればタイミング良く見ることが出来ると思います。

浜焼き 大盛況!

しゃりん徒然日記
07 /18 2017

三連休の最終日となった昨日ですが、多くのお客様のご来店、誠にありがとうございました!しかも「ブログ見たよ」と言ってくださったお客様がいて、大感激です!ありがとうございます!あの迷いネコの名前ですが、「トラ」と「吉」と勝手に呼んでいました。同じ柄模様なのでイマイチ区別はつきませんでしたが(笑)。


さて、昨日は外バザールの鼠ヶ関水産加工組合さんのサザエ、ホタテ、岩牡蠣の浜焼きが大盛況でした。

IMG_1936_convert_20170717115635.jpg
暑い中、炭火を使っての調理で大変ですが、目の前で焼かれる貝にお客様は大満足!

IMG_1940_convert_20170717115656.jpg


IMG_1937_convert_20170717115647.jpg
この浜焼きを目当てにご来店されるお客様も多いです。

IMG_1941_convert_20170717115709.jpg
すっごい美味しそうなホタテ!海が見えるここで食べると、普段の2.5倍美味しいそうです(三和丸の船長の談)

【脳は視覚で味を決めることがあり、これをクロスモダリティ効果と呼んでいます】


IMG_1942_convert_20170717115731.jpg
どぉーん!牡蠣

IMG_1944_convert_20170717115742.jpg
どぉーん! どぉーん!!牡蠣×2

どうですか? あなたも食べたくなったでしょ?
では、道の駅あつみへ Let’s go!

レストラン 大忙し

早磯
07 /17 2017

三連休も最終日です。昨日は大雨が降り、今日も一日曇り空で、出かけるにはちょっと残念なお天気になりました。

それでも、道の駅あつみは御陰様で大賑わいで、レストラン早磯も朝から忙しく仕込み作業の真っ最中です。


IMG_1930_convert_20170717083111.jpg
刺身定食(1,400円)のお刺身。アジの酢漬け、サザエ、白身のタラコ和え、鯛、甘エビ、マグロ、スズキ、ワラサ、マツカサイカ。9品盛りで豪華!


IMG_1931_convert_20170717083124.jpg
天然の岩牡蠣。2個で1000円。まだ、ちょっと小ぶりですが、月末から8月上旬になれば、プリップリ!の大きな牡蠣を提供できると思います。どうぞ食べにお越し下さい。お待ちいたしております!

野良ネコのその後

しゃりん徒然日記
07 /16 2017

1週間ほど前から、レストラン早磯の裏に住みついていた野良ネコ。あまりの人懐っこさから飼いネコだったんじゃないかと思っていましたが、昨日、飼い主さんがついに見つけてくれました。

道の駅あつみの前を走行中の飼い主さん。車に乗せていた二匹のネコが走行中にもかかわらず窓から脱走!車を路肩に止めて振り向いたら山側に脱兎のごとく逃走!それが2週間前の話だそうです。

IMG_1923_convert_20170716081707.jpg
それから何度も近くを探し回っていて、人づてに道の駅あつみの裏にネコが二匹居るのを聞きつけて、昨日めでたく再会いたしました。

IMG_1928_convert_20170714100926.jpg
名前までつけて可愛がられていたので、連れて帰るときは寂しい気持ちになりましたが、なにはともあれ良かったです。夏のちょっとした冒険旅行だったかな(笑)

UFO目撃現場

鶴岡
07 /15 2017
IMG_1892_convert_20170715093833.jpg
ここ鶴岡市大山地区にある「高館山」は、鶴岡市でも有名なUFOの目撃場所の一つです。数十年前の話になりますが、このアンテナが立ち並ぶ上空にUFOが静止し、しばらく滞在していたのが目撃されたとの噂話が広がりました。

もしも私がUFOの搭乗員で、予備知識も無く鶴岡の上空を訪れたとしたら、この空に向かって建つ構造物に関心を持ち、観測する為にやっぱり近寄ると思います。なにやらミサイルの発射台か、電波を送信している重要な施設のように見えます。

IMG_1906_convert_20170715093945.jpg
高館山は大山地区からクラゲ水族館で有名な加茂地区まで行く峠道の途中に入口があります。

IMG_1905_convert_20170715093929.jpg
頂上までの途中の見晴らし場所には加茂の港が一望できる駐車帯がありました。水族館は画像左手にもう少し進んだ場所にあります。

IMG_1893_convert_20170715093847.jpg
頂上には庄内地区の中継局となる各テレビ放送用のアンテナがありました。かつてはNHKの有人施設があったそうです。また、ここから発信される電波は、秋田県の男鹿半島でも受信されるそうです。


IMG_1900_convert_20170715093915.jpg
宇宙人には怪しい軍事施設に見えたのかもしれません(笑) 攻撃されなくてよかったです。

この高館山はもう一つ、別の事でも有名です。それは‥‥第1級の心霊スポットなんです。面白半分に夜に立ち入ることは絶対におすすめしません。昔、私も怖くて途中で引き返した思い出があります(笑)。

もらってください

しゃりん徒然日記
07 /14 2017

4~5日前からレストラン早磯の裏にいる野良ネコ。

IMG_1925_convert_20170714100904.jpg
近づけば寄ってくるし、撫でれば喜ぶし、お腹を触れば寝ころぶし‥‥生っ粋の野良じゃなく、飼いネコだったと思われます。

IMG_1928_convert_20170714100926.jpg
ちょっと痩せてる感じはしますが、元気な男の子です。お年はたぶん1歳半ぐらい。目の色も金色です。

IMG_1926_convert_20170714100916.jpg
なぬ!? 2匹!(驚)
誰か、もらってください。

陸に上がった船

温海
07 /13 2017

この日、鼠ヶ関の発動機船「三和丸」が台車の上に乗せられ、陸上げされました。台車から突き出している斜めの棒は船の進入コースの目安の為の棒です。

IMG_1911_convert_20170712121950.jpg
目的は、1年に一度の船体の色塗りのお化粧直しと、船底に付いたフジツボやコケ類の除去です。赤い色塗りがされた船底に貝類、コケ類が付着したままだと水の抵抗を受けスピードが出なくなるし、燃費も著しく悪くなるそうです。


IMG_1912_convert_20170712122001.jpg
船のスクリュー部と舵。めったに見ることがなく貴重です。

IMG_1914_convert_20170712122035.jpg
スクリューにコケ類がちょっとでも張り付くと、回転速度が落ち、スピードが落ちるそうです。

IMG_1921_convert_20170712122057.jpg
なんと、この色の塗り直しは業者さんがやるのではなく、船長と船員さん自らやる大変な作業です。三和丸の船長、白粉を塗ったみたいに顔中まっ白でした(笑)。

IMG_1916_convert_20170712122047.jpg
この日も日中は暑く、31℃の気温予想でしたが、港には涼しい風が吹いていました。色を塗り替え、スピードも出るようになった三和丸は、この夏、漁船クルージングで皆さまをお出迎えいたします。当日の現地予約も出来ますので、鼠ヶ関漁協手前、鼠ヶ関水産加工組合さんのお店でお訊ね下さい。

ブルーベリー

お知らせ
07 /12 2017

鶴岡市羽黒地区にある「鈴木農園」のブルーベリーが最盛期をむかえています。東京ドーム2.5個分の広大な園地に植えられた約40種以上のブルーベリーは完熟して今が食べ頃!

規定時間内であれば農場内のブルーベリーは食べ放題です。食べきれずに収穫した分は、お土産としてお安く販売してくれます。収穫が終わった休憩時間にはジュースのサービスも!  また、500円玉よりも一回り大きく、世界一大きなブルーベリーを今シーズン中に探した方には豪華賞品を進呈いたします!


IMG_1910_convert_20170712093659.jpg
鈴木農園のブルーベリーの加工商品は、道の駅あつみで購入できます。


IMG_1909_convert_20170712093647.jpg
温海地区で栽培されたブルーベリーも道の駅あつみで販売中!


IMG_1908_convert_20170712093637.jpg
完熟して甘く美味しいです。お車で移動される方、休憩がてら、ここでブルーベリーをちょっとつまんで、目の疲れを取って安全運転して下さいね!

駐車場で見かけたスッゴイ車  3

しゃりん徒然日記
07 /11 2017
IMG_1886_convert_20170709095937 - コピー
スッゴイ車じゃなくてスッゴイバイクなんじゃないの?との声が聞こえてきそうですが、いいえ、こちら2輪車のバイクでなく、3輪車で「トライク(ラテン語で3を意味する)」と呼ばれ、カテゴリー的には普通自動車MT免許があれば運転出来る「車」になります。

IMG_1887_convert_20170709095947 - コピー
車に分類される乗り物なので、基本的にはヘルメットを被らなくてもOKです。バイクの免許もいりません。

IMG_1888_convert_20170709095958 - コピー
二輪のバイクは重心を傾けることでカーブを回っていきますが、このトライクはハンドル操作が必要になり、ちょっとしたコツが必要だとか。でも、オーナーさん曰く、「絶対に倒れないから安心!」と、言ってました。たしかに!(笑)。


IMG_1889_convert_20170709100007 - コピー
それにしてもカッコイイです! ハーレーから正規のトライクが発売されたのが約3年前だそうで、購入のお値段聞いたところ車両本体価格が約430万円! おおっ!手の出ない数字ではありませんが(いや、ムリ!)、ホントに好きでないと買えませんよね~。改造すると天井知らずのとんでもないお金がかかるそうです。

IMG_1891_convert_20170709100031.jpg
注目度はバツグンです! 心よく撮影の許可をくれた、新潟県からお越しのオーナー様、また道の駅あつみまでドライブに来て下さい! お待ちいたしております!

syarinnews

道の駅あつみ「しゃりん」のお知らせブログです。温海地区のこと、鶴岡市のこと、いろいろ発信していきます!