西日本豪雨災害の募金

お知らせ
07 /15 2018

東北「道の駅」連絡会では、この度の「西日本豪雨災害」に対し、災害支援委員会を設置し、東北の各道の駅に募金箱を設置しました。

こちらの義援金は、水没や浸水の被害を受けた道の駅、通行止めで道路遮断のため休業を余儀なくされている道の駅の復興支援に使わせていただきます。


道の駅でのお買いものの際、レジ付近に募金箱が設置されていますので、お目にとまりましたらぜひ、皆様からの善意としてご支援のほど、よろしくお願いいたします。

夏だ! 海だ! 湯野浜だ!

お知らせ
07 /14 2018

鶴岡市の一大海水浴場「湯野浜」。すでに海開きしています。

湯野浜海水浴場

山形県内では最大規模の海水浴場で、遠浅の広大な砂浜ではサーフィン、ジェットスキー、シーカヤックなどのマリンスポーツも盛んで、「サーフィン発祥の地」の銅像が立っています。

「サーフィン発祥の地」とは子供たちが一枚板で波乗りしていた記述が江戸時代の文献に残っていて、現代的なサーフィンは戦後に日本に駐留した米兵が神奈川県の茅ヶ崎市一帯で始めたのが最初とされています。



0001_convert_20180711120511.jpg
山形県民は「湯野浜」という言葉を聞くと「夏」を連想し、誰しもが甘酸っぱいひと夏の思い出を胸に秘めています。いや、秘めていない人もいるかもしれませんが、とにかく「湯野浜」とは山形県民にとって特別な場所なのです。

湯野浜海水浴場では7月26日(木)から8月14日(火)までの20日間、毎日イベントを開催いたします。

皆さんも甘酸っぱいひと夏の思い出を体験しに、ぜひ、庄内 湯野浜へ!

残念ながら私には甘酸っぱいひと夏の思い出は ありません!

半夏一つ咲き  紅花

しゃりん徒然日記
07 /12 2018

生産者の方が紅花を持ってきました。綺麗ですねー。夏本番前の今が紅花のシーズンです。

紅花といえば「山形」と連想する方もいらっしゃるのではないでしょうか?生産量はもちろん山形県がダントツの一位で、二位の埼玉県の約2倍の量を栽培しています。


「半夏一つ咲き」
夏至から11日目を「半夏生」といい、新暦では7月2日頃にあたります。その頃に、広い紅花畑の中で一輪だけが最初にポツンと咲き、それを合図に翌日以降、次々と花を咲かせる神秘的な咲き方のことをいいます。



012_convert_20180710162953.jpg
昔、紅花を摘む娘たちは、紅花の葉のふちにあるトゲで手の指先が傷つき、血でその指を赤くしたそうです。本来なら唇を紅色に染め、女性をよりいっそう綺麗に見せるはずの紅花なのに、自分たちでは使う贅沢も許されず、お金持ちの婦人の唇を彩るために自分たちの指先が傷つくなんて、なんとも切ない話です。

なので、紅花摘みは朝露で葉のトゲが柔らかくなる早朝に作業するのだとか。


014_convert_20180710163045.jpg
次第に品種改良が進み、生花用にトゲの無い種類の紅花が出来ました。こちらがそうですね。葉のふちにトゲのような物が見えますが柔らかく、触っても全然痛くないです。


013_convert_20180710163010.jpg
紅花は逆さまに吊るし、乾燥させてドライフラワーにする他に、染料として使用されたり、種子から絞った「ベニバナ油」が、コレステロールを下げる効果のある油として使用されています。


「行く末は 誰が肌ふれむ 紅の花」

芭蕉の俳句ですが「私が摘む紅花は、将来、誰の肌(唇)に触れるのだろう」と紅花を摘む娘たちの、自らが使うことも出来なかった高価な紅花への羨望と、自分の境遇を嘆いた心情を詠んだものではないでしょうか。



紅花の赤い色を見つめていると、紅花を摘む娘たちの指先から流れ出る赤い血が、紅花をよりいっそう朱色にさせているのではないだろうか、と思えてきました。

国宝 羽黒山五重塔

お知らせ
07 /10 2018

樹齢1000年を越える巨杉が立ち並ぶ参道に経つ五重塔。東北では最古の塔で昭和41年に国宝に指定されました。

この羽黒山の五重塔が7月14日(土)から10月28日(日)までの土、日、祭日、お盆期間中の限定で幻想的にライトアップされます。(悪天候の場合は中止することがあります)。


0001_convert_20180708144725.jpg
五重塔は総高約29.2メートル。塔身には彩色等を施さない素木の塔です。江戸時代、五重塔の周囲には多くの寺院、建造物がありましたが、そのほとんどが取り壊され、唯一残った仏教式建築がこの五重塔なのです。


0001_(3)_convert_20180708163750.jpg
そして今、出羽三山の「三神合祭殿再建200年」、「羽黒山神社認定150年」、「天皇陛下御在位30年」の節目を迎え、明治以降公に開扉しなかった塔の内部を特別に一般公開いたします。

神秘の扉が今、開かれます!


興味のある方、ぜひどうぞ! もう二度と見る事は出来ないかもしれません! もちろん、私も見に行きます!

羽黒山、五重塔から道の駅あつみまではお車で約50分の距離です。山中で五重塔を拝観したら、次は日本海を見に道の駅あつみへ! お待ちいたしております!

捨て猫騒動記 名前決定編

しゃりん徒然日記
07 /08 2018
保護した当時の写真
012_convert_20180707172824.jpg
道の駅あつみで保護された捨て猫ちゃんが男性スタッフの家で飼われてから約2週間が経ちました。このブログで子猫の名前を募集したところ、沢山の候補をいただきました。名前を考えてくださった皆さん、ありがとうございます!


001_convert_20180707095549.jpg
も、萌え~(笑) 可愛すぎるじゃないか、このやろー!

002_convert_20180707171638.jpg
おぉっ! なんだか大きくなりましたねー! 右目に「目やに」が多く出てて心配したのですが、きれいに治っています。


005_convert_20180707093348.jpg
保護した当時のきったない顔と、怯えた目つきがまるで嘘のような寝顔です(笑)。


011_convert_20180707095929.jpg
男性スタッフのお腹の上がお気に入りです。

家に連れ帰った当初、おかぁさんから反対されたそうですが、今ではおかぁさんにもべったりで、すごく可愛がられてるそうです。幸せそうでホントよかった。いい家にもらわれたよ、ホント。


013_convert_20180707171653.jpg

ブログを見て名前を考えてくださった方々、ほんとうにありがとうございます。皆さんから寄せられた名前、すべて男性スタッフに伝えました。沢山の候補を前にして、家族会議を開いた結果・・・名前は




すずちゃんに決定しました!

「すずちゃん」の名前を考えてくだった方、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました!

また、他にも沢山、いい名前の候補を考えてくださった方々、この子猫を気にかけてくださって本当にありがとうございます!



020_convert_20180707093718.jpg
七夕の短冊に書いてもらいました(笑)


猫に限らず、生き物を飼うというのは大変です。時には粗相に怒って、頭にくる事もあるでしょう。病気や怪我だってするかもしれないし、出費もそれなりにあると思います。いつかは別れも訪れるし、その事を考えると、悲しい思いは誰だってしたくはないし、ペットを飼うのに二の足を踏む思いの方もいらっしゃるでしょう。


でも・・・きっとそれ以上に幸せな気持ちになり、沢山笑ったり、素晴らしい思い出がいっぱい作れると思います。

すずちゃん、いつまでも元気で長生きして、家族や周りの人をいっばい笑顔にしてくださいね。時々、道の駅あつみへ来て、看板猫、いや「招き猫」になってくれると、うれしいんだけど(笑)。

イカの一夜干し作り体験

温海
07 /07 2018

鼠ヶ関水産加工生産組合で、恒例となった小学生を対象としたイカの一夜干し作り体験が行われました。


024_convert_20180705121748.jpg
今回は鼠ヶ関小学校が課外授業の一環として体験をいたしました。

イカの内臓と目玉を取り、胴を開きます。


040_convert_20180705121911.jpg
講師は鼠ヶ関の有名人、発動機船「三和丸」の船長が努めます。いつもはいい加減な事ばかり言う船長ですが、包丁を使う作業もあるので、今回は真面目にやっています。また、それを聞く子供たちも真剣な表情で耳を傾けています。


028_convert_20180705121811.jpg
きれいに開いたイカを竹串で留めます。上手に出来ました!


032_convert_20180705121830.jpg
作ったイカの一夜干しは名前を付けて保管し、後日家に持って帰ります。


きっと家族の人みんなが美味しい!って食べてくれるはずです。大きくなってもこの日の事をいつまでも覚えていて下さいね!

弁天島の巌島神社 自己責任で、ぜひご参拝を!

温海
07 /05 2018

鼠ヶ関の弁天島。

以前は「島」でしたが道路整備で陸続きになり、今では島の面影は感じられません。鼠ヶ関漁港の奥まった所にあり、港のすぐ脇になります。その弁天島に厳島神社が祀られています。


010_convert_20180705085728.jpg
境内から少し覗けば、港に停泊している漁船が見えます。


007_convert_20180705085621_20180705090106889.jpg
港の近くの神社らしく巨大な錨が境内に鎮座しています。これ相当デカイです。宇宙戦艦ヤマトが使ってたのか!? と、思うぐらいデカイです。


008_convert_20180705085638_2018070509010828b.jpg
痩せてる狛犬。アバラがうき上がっています。お顔がコワイよ・・・。夜中に懐中電灯で照らしてこの顔が暗闇に浮かび上がったら、大声だして驚きそうです。


011_convert_20180705085745.jpg
じつはこの厳島神社、鼠ヶ関沖で漁船の網に引っかかった弁財天(弁天様)を奉ってるのですが、恋人同士のカップルでお参りすると、この弁天様がやきもちし、そのカップルを別れさせるという、地元民なら誰でも知ってる「いわくつき」の神社なのです。

なので、何も知らずに参拝に訪れた仲むつまじいカップルを見かけると

「あぁ・・・やっちまったなぁ・・・」

と、心の中でお悔やみを申し上げています。中には知ってて相手側にはワザと教えずに訪れる方もいるとか・・・

皆様、お気をつけてどうぞ。っていうか、そのような思惑がある方は自己責任で、ぜひどうぞ!

水焰の能

鶴岡
07 /03 2018
0001_(1)_convert_20180703081527.jpg
第35回 水焰の能

日時   7月28日(土)
場所   鶴岡市櫛引総合運動公園屋外ステージ
開場   午後4時45分
開演   午後5時30分

料金   前売り  2000円
      当日   2500円

500年以上にわたり、農民の手で受け継がれてきた国指定重要無形民俗文化財「黒川能」を櫛引総合運動公園内の特設水上野外ステージで、かがり火の中、幻想的に上演いたします。

お問い合わせは
鶴岡市櫛引庁舎産業建設課 0235-57-2115まで

0001_convert_20180703081550.jpg
9月8日(土)には、あつみ温泉の朝市広場の特設舞台で「せせらぎの能」が開催されます。

お問い合わせは
あつみ温泉魅力づくり推進委員会 0235-43-2024まで

錦鯉品評会

しゃりん徒然日記
07 /01 2018

30日(土)、道の駅あつみで全日本愛鱗会山形県支部温海分会が主催する「第八回 錦鯉品評会」が開催されました。


022_convert_20180630122202.jpg
大きな生け簀プールが並びました。レストラン早磯の店主が錦鯉の飼育が趣味で、地域の愛好家を集めて毎年この時期に開催しています。


001_convert_20180630121923.jpg
立派なトロフィーです。


004_convert_20180630122018.jpg
こちらが全体総合優勝に輝いた鯉です。素人の私が見てもよくわからないのですが、チェックされるポイントは

①模様がハッキリ出ている。
②ヒレが対象で形が良い。
③身体がまっすぐで綺麗。

もっと細かくチェックポイントはあると思いますが、この3点が重要だそうです。


007_convert_20180630122033.jpg
高額な錦鯉は2000万円ほどの値が付くそうで、昔から富の象徴とされています。私の「富=錦鯉」のイメージは「○○大臣」の自宅の庭の池に高そうな錦鯉が泳いでいて、葉巻を咥えながら「ポンポン♪」と手を打つと錦鯉が寄って来て、餌をあげつつ、黒眼鏡の男と何やらワルだくみの算段をやってる?  とても月並みなイメージでスミマセン・・・


016_convert_20180630122105.jpg
私が気に入ったのが「プラチナ」色の鯉。


020_convert_20180630122123.jpg
名前の響きがいいですよね! 「プラチナ!」


「不埒な!」(ふらちな!)とも似てて好き! なんのこっちゃ・・・


003_convert_20180630122003.jpg
錦鯉の販売も行っていました。一袋の値段じゃないですよ。あくまでも一匹のお値段です。



そーいえば、昔、うちの庭にも小さい池があって、鯉や川魚を放して飼ってたんですが、真冬に親父が足を滑らせて池にハマり、凍え死ぬ思いをした親父は即、池を埋めてしまいました。

今頃あの池があったら・・・私も錦鯉に餌をやりつつ黒眼鏡の男とワルだくみの算段ができたのに・・・。

捨て猫騒動記 名前募集編

しゃりん徒然日記
06 /30 2018

道の駅あつみに捨てられていた子猫。保護した男性スタッフが「飼ってもいいですよ」と、連れ帰ってから約1週間。その後の様子をレポートしてきてもらいました。


012_convert_20180629100238.jpg
ゴハンを食べる、食べる! 動物病院で出してくれた離乳食とカリカリのキャットフードを混ぜてあげて、もりもり食べてるそうです。 この1週間でひとまわり大きくなったそうです(笑)。ちゃんとゲージや食器、爪とぎも買い揃えたようですね(笑)。



013_convert_20180629101518.jpg
動物病院の先生からは、特に体調面では問題は無く、7月の月末頃に免疫の注射しましょう。とのこと。お風呂に入れてあげたいけど、免疫注射の前だと風邪をひきやすいので、今は体を拭くだけにしてるそうです。


009_convert_20180629100216.jpg
ボールで遊ぶのが大のお気に入り。横になってるとき、初めて肩口に寄り添って寝てくれた瞬間、心が通ったと言ってました。それでも男性スタッフの腕には遊んでできた傷がいっぱい!(わかります! うちもそうでした)。 可愛くて、可愛くて、しょうがない感じのようです (^∇^)


011_convert_20180629100256.jpg
トイレもバッチリです! 賢いのぉー!



じつは、この猫ちゃん、まだ名前がありません・・・。

「シロ」 「チビ」 と、安易に考えたけどしっくりいかないようで、この場を借りて皆さんから名前を大募集いたします!性別はメスです。皆さんが考えてくださった名前を男性スタッフにお知らせし、良い名前があったら決めてもらいます。

お手数ですが、拍手コメントから子猫の名前をお願いします(申し訳ございませんが、ご返事の対応はいたしませんのでご了承下さい)。

ぜひ、名づけ親になって下さい!
お願いします!

やまがた百名山  写真コンテスト

山形
06 /29 2018

やまがた百名山 写真コンテストのお知らせです。

山形の百名山はこちら

今年のテーマは『山野草』です。

募集期間は平成30年5月9日(水)~11月30日(金)まで
どなたでも応募可能です。


0001_convert_20180623171208.jpg
庄内地区の温海では

☆温海岳   標高736m

☆摩耶山   標高1019m

☆日本国   標高555m

この三山が対象となっています。


山形百名山  庄内地区


それにしても、みなさんのブログの写真、なんであんなにキレイなんですか? もちろん、いいカメラを使って撮ってると思いますが、その「腕」も「センス」も私の写真とは大違いです。


例えるなら・・・私の写真がVHS規格のビデオテープだとしたら、みなさんのはブルーレイ規格。いや、それでもまだ例えがいいほうです。私のは子供向けの科学雑誌の付録の「日光写真」


皆さんの素晴らしい写真の腕で、ぜひ、「やまがた百名山 写真コンテスト」にご応募なさって下さい。

もちろん、山形県在住じゃなくても県外の方でも大丈夫です。
お問い合わせは山形県環境エネルギー部、みどり自然課施設整備担当  023-630-3173まで

内なる自分との会話

しゃりん徒然日記
06 /28 2018

27日(水)は定期休館日でした。その休館日に私が何してるかというと・・・普通に朝のいつもの時間に出勤しています。この日は雨、風が強く、施設の周りが気になったので見回りしてきました。


内なる自分が言います。
「休館日にわざわざ出勤って・・・ばかじゃね!?」

はい・・・ごもっともです。


007_convert_20180627073358.jpg
時間は7時前。夏時間の営業開始が8時からなのですが、だいたいいつもこの時間に出勤しています。自分の公休日でも朝だけは出勤しています。私はすっごく正確な体内時計を内蔵しているので、ほぼ毎日決まった時間に同じ様な生活リズムで行動しています。


内なる自分が言います。
「アホか!?」

・・・

009_convert_20180627073430.jpg
で、会社が休みなのに何してるかというと、前日の売り上げデーターを入力したり、捺印が必要な伝票に判をついたり、あと、ブログの訪問者リストに載っている皆さんのブログを見て足跡を残したりしています。


内なる自分が言います。
「そんなの明日やればいいじゃん!?」


うるせーっ! 自分に自分で文句言うんじゃねー!自分のばかやろー!

なんのこっちゃ・・・。

ばら園の小さなお店

温海
06 /27 2018
008_convert_20180626100844.jpg
あつみ温泉の奥まった所にある熊野神社。階段を昇って行くと、途中にばら園があります。山形県の庄内地区では唯一のばら園です。ここには90種類、3000本のばらが植栽されていて、高台から見降ろすあつみ温泉の景色はとても良い眺めで、ビュースポットとしてもおすすめの場所です。

鶴岡市観光連盟HP あつみ温泉ばら園

このばら園、元は神社の奉納相撲の会場跡で、現在、噴水がある丸い場所に土俵があったというから驚きです。


003_convert_20180626100639.jpg
熊野神社、ばら園へと続く階段の所に、このたび「ローズ・ガーデン・カフェ」がオープンいたしました。


001_convert_20180626100709.jpg
地元に住むE氏がクラウドファンディングで見事開業資金を集め、今シーズンからカフェをオープンいたしました。小さくて可愛らしいお店ですが、作りはしっかりしていてるし、雰囲気がとてもいいです。


002_convert_20180626100726.jpg
E氏は以前から喫茶の仕事に関わっていたので、提供するコーヒーも本格的です。また、アイスをばらの花に似せて作る「アイスの薔薇」が人気商品です。


007_convert_20180626100823.jpg
神社に参拝に訪れた方や、ばらを見物に来た方たちが沢山利用していました。

この場所での営業は7月末までだそうです。お店は比較的簡単に移動が出来るそうなので、夏の海水浴シーズンには海辺へと移動する考えもあるそうです。

あつみ温泉にお立ち寄りの際は、ぜひご利用下さいませ。

ゴミ、マナーを守って下さいね。

しゃりん徒然日記
06 /24 2018

朝、駐車場の掃除に出かけました。


005_convert_20180624093345.jpg
ポイ捨てのゴミは、タバコの吸い殻が依然として多いです。あと爪楊枝。


006_convert_20180624093422.jpg
道の駅では、毎日大量のゴミがゴミ箱に捨てられています。朝に一度ゴミ箱から回収しても、昼過ぎにはまたいっぱいになることもあります。

ペットボトルや空き缶はここで消費した物も多いので、しょうがないとしても・・・飲みかけで中身がたっぷり入ったのもそのまま捨てられるとすごく手間がかかります。


007_convert_20180624093438.jpg
可燃物のゴミの9割が他からの持ち込みのゴミです。

ゴミの多さは、利用して下さるお客様の多さだと思っていますし、当施設からお買い上げになった物のゴミも他の所で捨てられていることを考えれば、しょうがない事だと思っています。


008_convert_20180624093516.jpg
しかし・・・マナー違反もけっこうあります。


ポイ捨てしたゴミや不法に投棄したゴミは、夜中にゴミの妖精が出てきて、朝までキレイにかたずけてくれるワケじゃないんです。


駅、空港からゴミ箱が姿を消し、コンビニも店内にゴミ箱を設置する所が多くなってきました。高速のサービスエリアや公共施設、道の駅でさえもゴミ箱を撤去した所もあると聞きます。この先、ゴミは全て持ち帰り、家庭で捨てる!という時代が来るかもしれません。

頭上注意!

しゃりん徒然日記
06 /23 2018

自動販売機を設置してる小屋の内部にツバメが巣を作ってしまいました。


002_convert_20180622152812.jpg
すでに雛が生まれていて、巣を落とすワケにもいかず、このままだと自販機を利用するお客様の頭上に『爆弾』が落ちる可能性が大です。大だけに・・・


もし、頭や服にツバメの「う〇ち」が着いてしまったら・・・せっかく旅行に来てるのに、このせいで気分がいっきに落ち込んでしまうかも? なかには、なんの対策も講じなかった施設にクレームを入れる方もいらっしゃるかもしれません。っていうか、二度とそこを利用する気にもなれないでしょう。


003_convert_20180622152830.jpg
てっとり早く、私が取り付けますか。雛が驚かないように静か~に作業します。


004_convert_20180622152847.jpg
「before」


006_convert_20180622152859.jpg
「after」

親鳥も警戒する事なく餌を運んで来てくれたので安心です。



今週は「子猫」に「ツバメ」と、動物ネタが続きました。いつか『恩返し』があるんじゃないかと期待しています(笑)。あと「お地蔵さま」に『傘』でもかぶせたり、傷ついた「鶴」を助けたら完璧でしょう! よし! 明日から鶴を探す旅に出かけるか・・・。

今だと・・・シベリアか。遠いな。

syarinnews

山形県の道の駅あつみ「しゃりん」のお知らせブログです。温海地区のこと、鶴岡市のこと、いろいろ発信していきます!たまに関係ないことも・・・